週刊・逃げ馬ランキング

▼「どの馬が逃げるのか?」に主眼をおいた『現役の逃げ馬ランキングブログ』です ▼毎週レース前に逃げ馬の予想情報を発信。レース後に逃げ馬を評価し、ランク付けしていきます

週刊・逃げ馬ランキング

【逃げ馬レース結果】『中山牝馬S / ポラリスS (2018.03.10・土)』不完全燃焼で圧勝、カワキタエンカ

『中山牝馬ステークス(4歳上G3)』中山 芝1800m(稍重) ◆勝ち馬◆ カワキタエンカ 勝ち時計 1:49.0【平均12.11】 ◆逃げ馬◆ カワキタエンカ(1着) 前半ラップ 36.9【3F基準36.3】《Sペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 200~400mが遅い ◆逃げ馬レース展…

【逃げ馬予想】『金鯱賞 / 東風S (2018)』凱旋門賞でもあんまりアシストしてなかった気もするサトノノブレス

『金鯱賞(4歳上G2)』中京 芝2000m 逃◎ サトノノブレス 幸 4番 控えたい馬が揃ってるどころか、過去の逃げたことがあるのはこの馬しかいない状況。とことんスローペースでもいけそう。サトノダイヤモンドとチームプレイをするならほどよくペースを上げるかも…

【逃げ馬予想】『中山牝馬S / ポラリスS (2018)』どう逃げるかの選択肢、カワキタエンカ

『中山牝馬S(4歳上牝G3)』中山 芝1800m 逃◎ カワキタエンカ 池添 14番 芝・中長距離部門5位。”離して逃げたいタイプ”なので大外スタートの今回は進出のタイミングが難しそう。一気にダッシュを決める方法の他に、桜花賞でみせたようなペースダウンの瞬間ハ…

『クラシック3歳逃げ馬ランキング | 2018.03.03&04』ハイレベルなレースで善戦続き、サンリヴァル

《サンリヴァル ◇ランクイン 8位》 『弥生賞』姿勢の高いスタートで立ち遅れ気味だったが、その後の加速で一気に先頭に立ちさらに離して逃げた ゴール前ギリギリまで粘ったものの最後にかわされての4着 《サヤカチャン ◇ランクダウン 8位→9位》 『チューリッ…

【逃げ馬・レース結果】『大阪城S / 総武S 2018.03.04(日)』逃げ騎手たちによって逃げ馬として洗練されてきたドリームキラリ

『大阪城ステークス(4歳上OP)』阪神 芝1800m(良) ◆勝ち馬◆ トリコロールブルー 勝ち時計 1:45.3【平均11.7】 ◆逃げ馬◆ アメリカズカップ(9着) 前半ラップ 35.2【3F基準35.1】《Mペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 中盤遅くラストが速い ◆逃げ馬レ…

【逃げ馬・結果】『オーシャンS | 2018.03.03(土)』帰ってきた最強候補、ネロ

『オーシャンステークス(4歳上G3)』中山 芝1200m(良) ◆勝ち馬◆ キングハート 勝ち時計 1:08.3 【平均11.38】 ◆逃げ馬◆ ネロ(4着) 前半ラップ 33.5【3F基準34.1】《Hペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― イーブンペース ◆逃げ馬レース展開◆ネロ中心視…

【逃げ馬予想】『大阪城S / 総武S (2018)』それぞれの世代の復活をかけた一戦、トラスト&バンドワゴン

『大阪城ステークス(4歳上OP)』阪神 芝1800m 逃◎ トラスト 国分恭 12番 6ヵ月の休養明けでの登場。3歳春に出走したG1を3レース全て2番手で走った馬。この距離このメンバーでは押し出されて先頭に立つ流れが予想される 【前走記事】nigeuma.shintaro-amano.c…

【逃げ馬予想】『オーシャンS (2018)』前走の逃げ切りは奇跡だったか当然か?問われる真価、ネロ

『オーシャンS(4歳上G3)』中山 芝1200m 逃◎ ネロ ミナリク 9番 芝・短距離部門7位。一年間低迷を続けていた馬が、前走突如の逃げで見事な復活劇。その逃げは地方競馬の吉原騎手の腕によるとことが大きかったと思われる 今回はドイツのミナリク騎手が騎乗。ヨ…

『2018年2月・逃げ馬予想成績(逃げ馬的中率&回収率)』番手馬が”逃げ”に目覚めるケースが多発

〇 分析 〇 2月の逃げ馬的中率【64%】 ※参考)過去9ヵ月的中率【55%】 2月の単勝回収率【0%】 ※参考)過去9ヵ月単勝回収率【99%】 2月の複勝回収率【33%】 ※参考)過去9ヵ月複勝回収率【88%】 雑感 逃げ馬予想は64%と過去の平均を上回っているのでよく…

『クラシック3歳逃げ馬ランキング 2018.02.17&24&25』着実な成長ぶりがうかがえるケイティクレバ―

《ケイティクレバ― ◇ランクキープ 2位→2位》 『すみれS』いつも通り最初に大きなアクションで促すとしっかり加速して先頭を確保。ペースを落としすぎず数馬身以上をキープした逃げで2着。自分の走りを貫く覚悟のある走りだったので、これを継続していけば安…

【逃げ馬・結果】『中山記念 / 阪急杯 2018.02.25(日)』逃げオーラでレースを支配する、マルターズアポジー

『中山記念(4歳上G2)』中山 芝1800m(良) ◆勝ち馬◆ ウインブライト 勝ち時計 1:47.6【平均11.96】 ◆逃げ馬◆ マルターズアポジー(3着) 前半ラップ 36.2【3F基準35.9】《Mペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 緩みがない ◆逃げ馬レース展開◆マルターズ…

【逃げ馬・結果】『仁川S 2018.02.24(土)』対抗策は”強くなること”スズカリバー

『仁川ステークス(4歳上OP)』阪神 ダ2000m(良) ◆勝ち馬◆ ナムラアラシ 勝ち時計 2:04.1【平均12.41】 ◆逃げ馬◆ スズカリバー(15着) 前半ラップ 35.6【3F基準37.2】《Hペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 中盤で急加速 ◆逃げ馬レース展開◆スズカリバ…

【逃げ馬予想】『中山記念 / 阪急杯 (2018)』昨年の年度代表逃げ馬始動、マルターズアポジー

『中山記念(4歳上G2)』中山 芝1800m 逃◎ マルターズアポジー 柴田善 8番 芝・中長距離部門1位。言わずと知れた最強の逃げ馬。不安点を挙げるなら柴田善臣騎手がテン乗りということか とはいえ今まで5人の騎手が乗って全て逃げているのだから、ヤネは関係ない…

【逃げ馬予想】『仁川S (2018)』好枠発進スズカリバー

『仁川ステークス(4歳上OP)』阪神 ダ2000m 逃◎ スズカリバー 国分恭 4番 今回は同型馬ロイヤルバンプとの対戦だが、この馬は絶好枠の4番で相手は大外枠。こちらの方が有利なはず 【前走記事】

【逃げ馬・結果】『フェブラリーS / 小倉大賞典S / 大和S 2018.02.18(日)』スプリント王者の速さ、ニシケンモノノフ

『フェブラリーステークス(4歳上G1)』東京 ダ1600m(良) ◆勝ち馬◆ ノンコノユメ 勝ち時計 1:36.0【平均12.00】 ◆逃げ馬◆ ニシケンモノノフ(16着) 前半ラップ 34.1【3F基準36.0】《Hペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 200~800mが速い ◆逃げ馬レー…

【逃げ馬・結果】『ダイヤモンドS / 京都牝馬S 2018.02.17(土)』世界一の速さを抑え込んでみたワンスインナムーン

『ダイヤモンドステークス(4歳上G3)』東京 芝3400m(良) ◆勝ち馬◆ フェイムゲーム 勝ち時計 3:31.6【平均12.45】 ◆逃げ馬◆ グランアルマダ(11着) 前半ラップ 36.9【3F基準37.3】《Mペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 波のあるペース ◆逃げ馬レース…

【逃げ馬予想】『フェブラリーS / 小倉大賞典 / 大和S (2018)』12戦連続逃げ継続馬が復帰、ヤマカツライデン

『フェブラリーステークス(4歳上G1)』東京 ダ1600m 逃◎ ニシケンモノノフ 横山典 1番 今回のレースはG1にもかかわらず逃げ馬ランキング馬がノボバカラしかいない。となるとランキング圏外ながらスプリント重賞で2度逃げているこの馬の台頭があり得る 前走は…

【逃げ馬予想】『ダイヤモンドS / 京都牝馬S (2018)』短距離ランキング1位が登場ワンスインナムーン

『ダイヤモンドS(4歳上G3)』東京 芝3400m 逃◎ 12番 グランアルマダ 三浦 長距離という条件においてはほどよいズブさを持った馬。前半で猛プッシュして前に出ても手綱を緩めるとすぐにペースダウンしてくれる 前走では逃げたにもかかわらず最後バテバテには…

新星登場エポカドーロ『クラシック3歳逃げ馬ランキング』 2018.02.10&11

《コスモイグナーツ ◇ランクキープ 1位→1位》 『共同通信杯』沈んだ姿勢から抜け出す相変わらずの好スタートを決めたところ、内からビュンと追ってきた馬に一旦交わされるも、さらに加速して結局ハナを奪い返した キツイ流れでも残り200mまでは頑張っており…

”逃げる覚悟”を純粋なスピードでねじ伏せたクロコスミア『京都記念 / バレンタインS』 2018.02.11(日)

『京都記念(4歳上G2)』京都 芝2200m(重) ◆勝ち馬◆ クリンチャー 勝ち時計 2:16.3【平均12.39】 ◆逃げ馬◆ クロコスミア(8着) 前半ラップ 37.3【3F基準37.2】《Mペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 400~600mが遅い ◆逃げ馬レース展開◆クロコスミア…

近寄られるのは気に入らない、カワキタエンカ『洛陽S』 2018.02.10(土)

『洛陽ステークス(4歳上OP)』京都 芝1600m(稍重) ◆勝ち馬◆ サトノアーサー 勝ち時計 1:36.2【平均12.03】 ◆逃げ馬◆ カワキタエンカ(10着) 前半ラップ 35.6【3F基準36.1】《Hペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― ラスト1Fが遅い ◆逃げ馬レース展開◆カ…

覚悟の差でハナを奪えるか、プリメラアスール『京都記念 / バレンタインS (2018)』逃げ馬予想

『京都記念(4歳上G2)』京都 芝2200m 逃◎ 1番 プリメラアスール 酒井 芝・中長距離部門10位。ペースに関わらず逃げるしかない馬のようなので、最内で包まれるのを嫌い、スタートからガンガン前を狙うと予想 【前走記事】 逃〇 7番 クロコスミア 岩田 芝・中長…

2017年最優秀3歳逃げ馬が始動、カワキタエンカ『洛陽S (2018)』逃げ馬予想

『洛陽ステークス(4歳上OP)』京都 芝1600m 逃◎ 8番 カワキタエンカ 横山典 芝・中長距離部門4位。現在5連続で逃げ継続中。中距離を中心に走っていたが、大外枠の桜花賞でも逃げているので、久々のマイル戦でも逃げられるだろう 【前走記事】

馬場の真ん中を走るのが不安なのかも、コパノチャーリー『佐賀記念』 2018.02.06(火)

『佐賀記念(4歳上G3)』佐賀 ダ2000m(稍重) ◆勝ち馬◆ ルールソヴァール 勝ち時計 2:07.8【平均12.78】 ◆逃げ馬◆ コパノチャーリー(10着) ◆逃げ馬レース展開◆コパノチャーリー中心視点 【スタート】前を狙う馬たちで横並びの後、抜け出してきたのがコパノチ…

強さは謎だが上手さは一級、サトノフェイバー『クラシック3歳逃げ馬ランキング』 2018.02.03&04

《サトノフェイバー ◇ランクイン 6位》 『きさらぎS』デビュー戦をスローで逃げ切っての参戦。今回も前半3Fは遅く楽な逃げだったものの、そこからは道中ある程度スピードを保ったままで、逃げ切り勝ちを果たした レースレベルは疑問だが”逃げ”での勝利は先々…

偉大な兄が引退し”弟”の時代は来るのかコパノチャーリー『佐賀記念 (2018)』逃げ馬予想

『佐賀記念(4歳上G3)』佐賀 ダ2000m 逃◎ 7番 コパノチャーリー 川田将雅 ダ・中長距離部門3位。前走は出遅れてしまい逃げられず惨敗。休養明けでここはリズムを立て直して、なにがなんでも逃げたいはず 【前走記事】 逃▲ 9番 クリノスターオー M.デム ダ・中…

マイルなら楽々先頭を奪取、トウショウピスト『東京新聞杯』 2018.02.04(日)

『東京新聞杯(4歳上G3)』東京 芝1600m(良) ◆勝ち馬◆ リスグラシュー 勝ち時計 1:34.0【平均11.76】 ◆逃げ馬◆ トウショウピスト(13着) 前半ラップ 35.4【3F基準35.3】《Mペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 1000~1200mで急加速 ◆逃げ馬レース展開◆…

ハイラップからの最後の頑張り、タガノディグオ『アルデバランS』 2018.02.03(土)

『アルデバランステークス(4歳上OP)』京都 ダ1900m(稍重) ◆勝ち馬◆ ナムラアラシ 勝ち時計 1:57.9【平均12.41】 ◆逃げ馬◆ タガノディグオ(5着) 前半ラップ 推定36.4【3F基準37.2】《Hペース》 ◇ラップタイム表◇ ○表型の特徴 ― 200~600mが遅い ◆逃げ馬レ…

最初から踏み込んでいく、トウショウピスト『東京新聞杯 (2018)』逃げ馬予想

『東京新聞杯(4歳上G3)』東京 芝1600m 逃◎ 5番 トウショウピスト 田中勝 芝・短距離部門5位。前走は2番手に収まりかけたところを外から迫られてかかってしまった。あの形になるくらいなら無理にでも逃げた方がマシだと考えられるので、今回は前に行く意識が…

一押しとはいかない力関係、メイショウイチオシ『アルデバランS (2018)』逃げ馬予想

『アルデバランステークス(4歳上OP)』京都 ダ1900m 逃◎ 4番 メイショウイチオシ 加藤 全馬過去5戦以内に逃げたことがない馬たちのレースになった この馬は2年前に2000m戦を前半35.9秒で逃げて勝利した経験があり、今回は4ヵ月の休養明けで前に行く気持ちは…