週刊・逃げ馬ランキング

毎週『逃げ馬予想』とレース後『逃げ馬ランキング』をアップしています

週刊・逃げ馬ランキング

2017.04.08 逃げ馬短評「心斎橋S」「湾岸S」「阪神牝馬S」

 

「心斎橋ステークス(1600万下)」阪神 芝1400m 重

◆逃げ馬◆オースミチャド 前半ラップ35.1秒

◆勝ち馬◆エスティタート

 

・逃げ馬レース展開

絶好のダッシュを見せ先頭に出たラクアミだったが、そこをオースミチャドが抜き去っていく展開。残り150mで体を合わせたエスティタートに抜かれると次々後続に交わされ8着

・評価

オースミチャドはスタート後200mくらいで火がついたように加速。逃げ体制に入りペース落とそうかというラクアミをタイミングで交わした印象

注目していたアンタラジーセンセーションは最初から抑えて差しにまわってしまった

f:id:amano_shintaro:20170408225559j:plain

 

 

 

 

「湾岸ステークス(1600万下)」中山 芝2200m 稍重

◆逃げ馬◆ロングシャドウ 前半ラップ36.5秒

◆勝ち馬◆ウムブルフ

 

・逃げ馬レース展開

大外からすんなりロングシャドウが逃げ、向こう正面では8馬身差を付ける大逃げ。4コーナー途中で交わされ、内で懸命に追うも7着

・評価

ロングシャドウは大外からコーナーめがけて一直線に走る気持ちのいい逃げを披露した。7歳という年齢で厳しいかもしれないが、続ければいつか一発ありそうな走り

f:id:amano_shintaro:20170408225544j:plain

 

 

 

 

「阪神牝馬S(4歳上牝G2)」阪神 芝1600m 重

◆逃げ馬◆クロコスミア 前半ラップ35.6秒

◆勝ち馬◆ミッキークイーン

 

・逃げ馬レース展開

スタート直後の先団から半馬身抜け出したクロコスミア。しかし内からクイーンズリングに抵抗され先頭を奪われる。クイーンズリングがペースを落ち着けようとしたところをまたクロコスミアが先頭に立つ。その後は第3第4コーナーをひきつけ気味に回り、直線手前でスパートし突き放すクロコスミア。残り200mでミッキークイーンら3頭に交わされるものの4着はしっかり確保

・評価

前半の激しい争いを制してなおかつ4着に入ったクロコスミアは見事。先頭を争ったエリザベス女王杯馬のクイーンズリングは15着に沈んでいることから、もしかしたらとてつもなく強い馬な可能性も見えてくる

f:id:amano_shintaro:20170408225529j:plain

 

 

 今回のレース前予想はこちら↓