週刊・逃げ馬ランキング

毎週『逃げ馬予想』とレース後『逃げ馬ランキング』をアップしています

週刊・逃げ馬ランキング

なんだか今日は体が軽い、飛び級逃げ切りドラゴンゲート『札幌記念 / 北九州記念 / NST賞』 2017.08.20(日)

 

『札幌記念(3歳上G2)』札幌 芝2000m

◆勝ち馬◆ サクラアンプルール 勝ち時計 2:00.4【平均12.04】(良)

◆逃げ馬◆ ロードヴァンドール 前半ラップ35.4【基準36.1】   6着 

 

レース結果のリンク →《netkeiba.com》

 

◆逃げ馬レース展開◆ ロードヴァンドール中心視点

〈スタート直後〉

バランス崩し気味のスタートから強引に追って先頭に立ったロードヴァンドール。100mで早くも抜け出し隊列が決まると、手綱を引いてペースを抑えにかかった

〈中盤〉

第一コーナーの入りでマイネルミラノが並びかけるとスッと前に出て4馬身離した。それ以降はまたスローペース狙いの逃げを展開

〈最終コーナー〉

再度マイネルミラノに並びかけらると、抜かれない程度に徐々にアクセル解放。最終コーナーを抜ける時には後続馬も押し寄せて来て、いよいよアクセルは全開に

〈最後の直線〉

すぐに大外から交わされだんだん後退していくも、粘りこみを図ってムチをふるい続け最後は6着での入線となった

 

★逃げ馬評価★

《ロードヴァンドール ◇ランクキープ3位》

4月大阪杯ぶりのレース。大阪杯にはマルターズアポジーキタサンブラックという強力な先行馬がいたためすぐに潰された。それに比べてこのレースは大きなプレッシャーなく逃げられるメンバーだった

逃げることには難なく成功したが、つつかれたらビュンと飛ばしてしまったり、最終コーナーでバテたのかズブいのか重い動きになったりと、休み明けの影響が出たようだ

逆に言えば次走は今回以上の逃げが出来そうだ。陣営としても秋のG1戦線に向けて強力な同型と当たる前に、実績を積んで自信を付けておきたいところだろう

 

f:id:amano_shintaro:20170821232513j:plain

 

 

 

 

『北九州記念(3歳上G3)』小倉 芝1200m

◆勝ち馬◆ ダイアナヘイロー 勝ち時計 1:07.5【平均11.25】(良)

◆逃げ馬◆ アクティブミノル 前半ラップ32.8【基準33.8】   7着 

 

レース結果のリンク →《netkeiba.com》

 

◆逃げ馬レース展開◆ アクティブミノル中心視点

〈スタート直後〉

内の絶好枠2番からまっすぐ飛び出したアクティブミノルが、他馬の動き関係なくまっしぐらにハナを切った。そのまま突き抜け500m地点で2馬身ほどのリード

〈最終コーナー〉

600m地点を回るところで2番手にいたダイアナヘイローに一気に追いつかれ、2頭で並んでコーナーを回った

〈最後の直線〉

直線向いた瞬間半馬身前に出るもじわじわと差を縮められ、残り150mで交わされると失速。ゴール直前で馬群に飲まれて7着となった

 

★逃げ馬評価★

《アクティブミノル ◇ランクイン9位》

3戦連続で逃げやすい枠に入ってすべて好ダッシュを決めている。ちょっと出来すぎな枠が続いた感があるので、もう少し悪い枠だった場合の逃げを見ないと判断難しいところ。逃げ条件が揃えば必ず逃げることが特徴と言えるかもしれない

ひとまずは9位にランクインで、今後の可能性を見定めていきたい

 

f:id:amano_shintaro:20170821232455j:plain

 

 

 

 

『NST賞(3歳上OP)』新潟 ダート1200m

◆勝ち馬◆ ドラゴンゲート 勝ち時計 1:10.4【平均11.73】(良)

◆逃げ馬◆ ドラゴンゲート 前半ラップ34.1【基準35.2】  1着 

 

レース結果のリンク →《netkeiba.com》

 

◆逃げ馬レース展開◆ ドラゴンゲート中心視点

〈スタート直後〉

まずまずのスタートから大きなアクションなくグーンと加速して、持ったままで抜け出したドラゴンゲート。そして内でスタート直後に一度躓いたにもかかわらず構わずビュンビュン飛ばして出てきたエイシンローリン。この2頭が並んで逃げるカタチに

〈最終コーナー〉

依然2頭が並んだまま。徐々に外のドラゴンゲートが前に出ていくカタチでコーナーを回った

〈最後の直線〉

エイシンローリンは力尽き早々と馬群に沈んだが、ドラゴンゲートはスピード衰えず独走状態。後続をまったく寄せ付けず3馬身のリードを保ったまま逃げ切った

 

★逃げ馬評価★

《ドラゴンゲート ◇ランクイン5位》

1600万下クラスで逃げ争いをしていた馬が、OPクラスで堂々の逃げ切り勝ち。52㎏の軽斤量がこの大駆けの要因といえそうだ。とはいえそれを最大限に活かす”逃げ”を敢行する能力は一級品。今後はOPクラスでもいい逃げを見せてくれそうだ

《エイシンローリン ◇ランクイン6位》

昨年のこのレースを逃げ切りで勝っている馬。10ヵ月ぶりのレースで、スタート直後に躓くシーンがあった。しかしそんなことお構いなしで飛ばしまくり。ロスなく走ったドラゴンゲートに並んだことから、最高速度はこちらの方が出ていたはず。今後コンスタントに使われていけば、もっと安定した逃げになっていくだろう

 

f:id:amano_shintaro:20170821232440j:plain

 

 

 

【今回レースの逃げ馬予想】nigeuma.shintaro-amano.com