週刊・逃げ馬ランキング

毎週『逃げ馬予想』とレース後『逃げ馬ランキング』をアップしています

週刊・逃げ馬ランキング

才能開花でチャンピオンに引導を渡した、サイタスリーレッド『テレ玉杯オーバルスプリント』 2017.09.20(水)

 

『テレ玉杯オーバルスプリント(3歳上G3)』浦和 ダート1400m

◆勝ち馬◆ サイタスリーレッド 勝ち時計 1:25.1【平均12.16】(稍重)

◆逃げ馬◆ サイタスリーレッド 前半ラップ35.6【基準36.5】  1着 

[ ー 12.1 ー 11.4 ー 12.2 ー 12.8 ー 11.5 ー 12.6 ー 12.5 ]

レース結果のリンク →《netkeiba.com》

 

◆逃げ馬レース展開◆ サイタスリーレッド中心視点

〈スタート〉

立ち遅れ気味のスタートから気合を付けるとグンとか加速し先頭に立ったサイタスリーレッド。外から手を動かして迫るモンドクラッセを退けコーナーで先頭を確定させた

〈中盤〉

1馬身のリードを保ち手綱を抑えたままのマイペースの逃げ

〈最終コーナー〉

少しだけ手綱を動かすとスッと2馬身にリードを広げて直線へ

〈最後の直線〉

直線の始めで1馬身差に詰め寄られるが、そのあとはさらに突き放していく競馬で2馬身差での圧勝

 

★逃げ馬評価★

《サイタスリーレット ◇ランクイン6位》

悪いスタートだったのに、騎手の指示に即座に反応して急加速しハナに立ったのは見事。向こう正面でいったん12.8秒までラップを落とした後、少し手綱を開放すると一気にストライドを変え11.5秒を叩き出した加速も素晴らしかった

素直に騎手の指示に反応しているので、純粋な逃げ馬というよりは高い能力で先頭に立っている印象。今後、トップクラスの馬たちとのレースでどう走るか楽しみだ

 

《モンドクラッセ ◇ランクダウン9位》

昨年の逃げ王者が今年の春から凡走続き

今回は、内外の関係もあったので最初にハナを切れなかったのは百歩譲って仕方ないとしても、向こう正面でラップが12.8秒に落ちたところで騎手が手を激しく動かしてもまったく反応せず、むしろ後退したのは大問題に見えた

ランキングは9位に残すが、次走もあまり期待できなそう。立て直しに時間がかかるかもしれない

 

f:id:amano_shintaro:20170921163937j:plain

 

 

 

【今回レースの逃げ馬予想】nigeuma.shintaro-amano.com