週刊・逃げ馬ランキング

毎週『逃げ馬予想』とレース後『逃げ馬ランキング』をアップしています

週刊・逃げ馬ランキング

復調の芽か、最後の花火か、シゲルカガ『東京盃』 2017.10.04(火)

 

『東京盃(3歳上Jpn2)』大井 ダート1200m

◆勝ち馬◆ キタサンミカヅキ 勝ち時計 1:12.1【平均12.02】(良)

◆逃げ馬◆ シゲルカガ    前半ラップ35.2【基準36.0】 15着 

[ 12.4 ー 11.1 ー 11.7 ー 12.6 ー 11.7 ー 12.6 ]

レース結果のリンク →《netkeiba.com》

 

◆逃げ馬レース展開◆ シゲルカガ中心視点

〈スタート〉

内から押しまくって加速したシゲルカガがハナ争いに勝ち先頭に立った

〈中盤〉

ラップまあまあ早い程度だったので、すぐ後ろに馬群がひしめく状態での逃げとなった

〈最終コーナー〉

横に並びかけられるとあまり抵抗できず、カーブの出口で早くも交わされてしまった

〈最後の直線〉

直線を向いた時にはもう足は残っておらず、一気に後退し15着となった

 

★逃げ馬評価★

《シゲルカガ ◇ランク外》

2年前まではトップクラスの逃げ馬だったが、今年は逃げられず着順も下位ばかりだったシゲルカガ。そんな馬が、重賞で一花咲かせてくれた。これをきっかけに復調してくるといいのだが

 

《トウケイタイガー ◇ランクキープ5位》

好スタートも、加速で中央の馬2頭に歯が立たずに3番手追走のカタチになってしまった。最適距離とはいえない1200mだったとはいえ、ここまでハッキリ前に行かれるのは残念。得意の1400mでは必ずその地位を守ってほしい

 

f:id:amano_shintaro:20171004232617j:plain

 

 

 

 

【今回レースの逃げ馬予想】nigeuma.shintaro-amano.com