週刊・逃げ馬ランキング

毎週『逃げ馬予想』とレース後『逃げ馬ランキング』をアップしています

週刊・逃げ馬ランキング

皐月賞とダービーの逃げ馬に立ち向かう、ウインガナドル『菊花賞 / ブラジルC (2017)』逃げ馬予想

 

『菊花賞(3歳G1)』京都 芝3000m

逃◎ 2番 ウインガナドル 津村明秀

芝・中長距離部門6位。春のクラシックに間に合わなかったけど、夏のラジオNIKKEI賞を逃げて2着、古馬との戦いとなった新潟記念を4着と、力を発揮してここまでたどり着いた

控えたレースでは4戦全敗、逃げたレースは5戦2勝と重賞2着4着。この大舞台では思い残すことがないよう”逃げ”を選ぶはず

心配点を挙げるとするなら斤量で、前走から5キロ増かつ初斤量が出足に影響するかもしれない

 
逃○ 7番 アダムバローズ 池添謙一

芝・中長距離部門10位、皐月賞逃げ馬。故障明けとなる前走神戸新聞杯を逃げ、たたき台としては十分なレースをした。ここは落ち着いて逃げたいところ

ただ内に速そうなウインガナドルがいるので、番手のレースでも良績のあるこの馬は控えるのが無難といえる

 

逃△ 18番 マイスタイル 四位洋文

芝・中長距離部門12位、ダービー逃げ馬弥生賞(2着)ダービー(4着)という狙いすましたように要所のレースだけを逃げている馬。コントロールされた落ち着いた逃げが信条なので3000mの長距離は最高の舞台と言えそう

ただ、今回は生粋の逃げ馬が2頭いるので、その馬たちがスタートでお見合い状態でどスローにでもならなければ、この馬が先頭に立つことはないはず

 

■このレースの出馬表リンク →《netkeiba.com》

 

 

 

『ブラジルカップ(3歳上OP)』東京 ダート2100m

逃◎ 3番 アドマイヤロケット 大野

勝ったレースは全て前に行ってのもの。距離延長を気にしてペースを抑えるくらいなら積極的に飛ばしていった方がよさそうな馬。騎手がテン乗りなので、ちゃんとその特性を把握して動いてくれれば逃げるはず

隣のサンライズソアが強力な先行馬なので、その馬にスタート直後からマークされるかどうかで着順は大きく変わりそう

 

■このレースの出馬表リンク →《netkeiba.com》