週刊・逃げ馬ランキング

▼「どの馬が逃げるのか?」に主眼をおいた『現役の逃げ馬ランキングブログ』です ▼毎週レース前に逃げ馬の予想情報を発信。レース後に逃げ馬を評価し、ランク付けしていきます

週刊・逃げ馬ランキング

【逃げ馬・レース結果】『かしわ記念 (2018.05.02・水)』大舞台でこそ逃げるオールブラッシュ

 

『かしわ記念(4歳上G1)』船橋 ダ1600m(良)

◆勝ち馬◆ ゴールドドリーム    勝ち時計 1:39.2【平均ハロン 12.4】

◆逃げ馬◆ オールブラッシュ(2着) 前半ラップ 36.6【3F基準 37.2】《Hペース》

 

◇ラップタイム表◇

かしわ記念2018年のラップタイム表

○表型の特徴 ― 400~600mが速い、1200~1400mの加速

 

 

◆逃げ馬レース展開◆オールブラッシュ中心視点

【スタート】 揃ったスタートから猛烈に押してオールブラッシュが抜け出してきて先頭を獲得

【中盤】2馬身リードで展開

【最終コーナー】 後ろの仕掛けに合わせて仕掛けて1馬身のリードを保ってコーナリング

【最後の直線】  直線入口でリードをまた2馬身に広げて逃げこみ体勢。外から来たゴールドドリームには交わされたが、馬体を並べて迫ってきたインカンテーションはおさえて2着となった

 

 

☆まとめ☆

《オールブラッシュ ◇ランクイン 圏外→10位

ダ・中長距離ランキング7位の馬が短距離に参戦。川崎記念の逃げ切り勝ちがあるものの、長い期間逃げ意識の低いルメール騎手が乗っていたからか、先行力が落ちていた。今回は田辺騎手が乗ってスタートから押しまくった結果、逃げることに成功し好結果を得た

今回は強力な同型馬がいなかったのもラッキーだったが、そのチャンスをもの出来た最大の要因は”騎手との相性”だったように思う。次走もこの組み合わせで走るところを見てみたい

 

f:id:amano_shintaro:20180504081918j:plain