週刊・逃げ馬ランキング

▼「どの馬が逃げるのか?」に主眼をおいた『現役の逃げ馬ランキングブログ』です ▼毎週レース前に逃げ馬の予想情報を発信。レース後に逃げ馬を評価し、ランク付けしていきます

週刊・逃げ馬ランキング

【逃げ馬・レース結果】『メトロポリタンS / 京都新聞杯 (2018.05.05・土)』展開がハマりかけてハマらなかったハッピーモーメント

 

『メトロポリタンステークス(4歳上OP)』東京 芝2400m(良)

◆勝ち馬◆ ベストアプローチ     勝ち時計 2:24.8【平均ハロン 12.07】

◆逃げ馬◆ ハッピーモーメント(6着) 前半ラップ 37.1【3F基準 36.2】《Sペース》

 

◇ラップタイム表◇

メトロポリタンステークス2018年のラップタイム表

○表型の特徴 ― 残り1000mが速い

 

 

◆逃げ馬レース展開◆ハッピーモーメント中心視点

【スタート】 ノーブルマーズが内で好スタートを切ったが、押して出て来たハッピーモーメントが外から交わしていった

【中盤】  1馬身半のリードで展開

【最終コーナー】  後続の追い上げに合わせて加速し、リードをキープしたままコーナーをまわった

【最後の直線】  残り400mでスパート。ある程度は伸びているものの後続の馬たちにキレ負けし、次々交わされて6着となった

 

 

☆まとめ☆

《ハッピーモーメント ◇ランク圏外

確固たる意志で先頭に立ちレースを進めたのは素晴らしかった。結果を見るとスローに落としすぎたようにも感じるが、何戦も凡走が続いていたのでここでは着拾い気味のレース運びになってしまったのは仕方ないか

 

f:id:amano_shintaro:20180506020512j:plain

 

 

 

 

 

『京都新聞杯(3歳G2)』京都 芝2200m(良)

◆勝ち馬◆ ステイフーリッシュ    勝ち時計 2:11.0【平均ハロン 11.91】

◆逃げ馬◆ メイショウテッコン(5着) 前半ラップ 34.7【3F基準 35.7】《Hペース》

 

◇ラップタイム表◇

京都新聞杯2018年のラップタイム表

○表型の特徴 ― 速いラップと遅いラップの差が大きい

 

 

◆逃げ馬レース展開◆メイショウテッコン中心視点

【スタート】 横並びになった状態から軽く気合を付けてメイショウテッコンが前に出た

【中盤】  かかり気味に飛ばし4馬身ほどのリードでの逃げ

【最終コーナー】  第3コーナーで半馬身差で並びかけられると気合を付けて先頭をキープ

【最後の直線】  2番手ステイフーリッシュに並ばれると猛スパートをかけるものの離され、ゴール直前に後続馬たちに飲まれて5着となった

 

 

☆まとめ☆

《メイショウテッコン ◇ランク圏外

先頭に立ったまでは良かったが、その際に勢いが付きすぎたためペースダウンに手間取り”かかって”しまった。その分で最後の踏ん張りがきかなかったか。最速10.5秒から最遅13.2秒という大きなラップの差が生じたにもかかわらずこの結果なら、能力はある

 

《ケイティクレバ― ◇ランクダウン 6位→11位

スタートで横に出て修正行動をし、先頭を狙うことができなかった。ただ、これで目野調教師引退の転厩後、安田翔厩舎で2度の控える競馬。もしかしたら厩舎の方針で逃げないように指示が出ているのかもしれない

逃げて結果を出してきた馬だけに、連続での消極的なレースが今後のマイナスにならなければいいが

 

f:id:amano_shintaro:20180506015123j:plain

 

 

 

 

【今回競馬の逃げ馬予想記事】nigeuma.shintaro-amano.com