週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬版|競馬のレース結果【宝塚記念】サイモンラムセス【パラダイスS】ショウナンアンセム|2018年

 

『宝塚記念』(3歳上G1)  阪神 芝2200m(稍)

◆勝ち馬◆ ミッキーロケット     勝ち時計 2:11.6【平均ハロン 11.96】
◆逃げ馬◆ サイモンラムセス(16着) 前半ラップ 34.4【3F基準 35.9】《Hペース》 

 

レース展開・位置取り図

 ○逃げ馬展開 ―2~3馬身の差をつけての逃げで、スタミナの続く限りリードを保とうとしたが、最終コーナーの出口で後続の押し上げに飲み込まれた

宝塚記念2018年レース展開位置取り図

 

ラップタイム表

○表の特徴 ― 0-600mが速い

宝塚記念2018年ラップタイム表

 

 

勝ち馬短評

《ミッキーロケット》

終始、中団前目の最内コースを追走。最終コーナーでサイモンラムセスの隣をビュンと交わしていくと直線で早め先頭に立ち逃げこみ体勢。最後はワーザーの急追を同じ足色でしのいで勝利した

内スタートでいち早く最内を確保し、前半のハイラップは中団で流し、ペースが落ちたところで前に出ていく理にかなった走り。ロスのないコース取りと和田騎手の想いの分で、すべてのことがうまく流れて勝つべくして勝った印象

 

☆逃げ馬評価

《サイモンラムセス ◇ランク圏外

速い回転のスタートで加速し、ややふらつきながらも先頭に立った。そこに出遅れて中団にいた先行馬タツゴウゲキがかかった状態で並びかけてきて、対抗するため超ハイラップを強いられたのは、この馬にとって辛かった。前半3Fを34.4秒はスプリント戦のようなラップ

道中は2~3馬身を保って押しながら逃げたものの、最終コーナーで早くもスタミナ切れ。足取りが重くなり後続の押し上げに屈し、結果最下位入線となった

実力的に足りない事は置いておいて、最悪に厳しい流れの競馬をさせられた。8歳馬なので残された機会は少ないが、まずは初の大舞台挑戦の疲れを癒して再スタートを待ちたい

 

f:id:amano_shintaro:20180624174711j:plain

 

 

 

 

 

『パラダイスステークス』(3歳上OP)  東京 芝1400m(稍)

◆勝ち馬◆ ショウナンアンセム     勝ち時計 1:21.7【平均ハロン 11.67】
◆逃げ馬◆ ショウナンアンセム(1着) 前半ラップ 36.3【3F基準 35.0】《Sペース》 

 

レース展開・位置取り図

 ○逃げ馬展開 ―4馬身差をキープした逃げ

パラダイスステークス2018年レース展開位置取り図

 

ラップタイム表

○表の特徴 ― 0-400mが遅い

パラダイスステークス2018年ラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《ショウナンアンセム ◇ランク圏外

好スタートを切って一頭ポンと出ると誰も追ってこず、超スローの大逃げ状態に。最後の直線では馬場のいい外側を選んで走り、逃げによって作ったリードを保ったままの大楽勝

差し馬が揃ったレースとは言え、2番人気の馬をここまで楽に逃げ切らせるのは珍しい。ショウナンアンセムの上りが33.8秒なので、位置関係考えると32.8秒くらいの末脚を出す自信が全騎手にあったということなのか

逃げ馬が勝つのは気持ちがいいとはいえ、他の騎手はのんき過ぎるような。唯一、内ラチ沿いを突いたミッキージョイ横山騎手だけは危機感があったか

 

f:id:amano_shintaro:20180624174725j:plain

 

 

 

 

【今回の予想記事】