週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬レース結果【関屋記念】快速の血、覚醒!エイシンティンクル|2018年

 

『関屋記念』(3歳上G3)  新潟 芝1600m(良)

◆勝ち馬◆ プリモシーン     勝ち時計 1:31.6【平均ハロン 11.45】
◆逃げ馬◆ エイシンティンクル(3着) 前半ラップ 34.2【3F基準 34.4】《Mペース》 

 

レース展開・位置取り図

関屋記念2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

関屋記念2018年のラップタイム表

 

☆逃げ馬評価

《エイシンティンクル ◇ランクイン 圏外→10位

・レース展開

好スタート好ダッシュを決めてすぐに1馬身半のリードをとった。絶好の手ごたえのままリードを保ち直線へ。残り400mでスパートをかけると後続と同等の末脚で逃げこみ体勢に。最後は残り100mで大外から強襲にあい3着になった

・短評 

完全に見くびっていた!過去のレースではほとんど逃げていたものの、それらは条件戦でのもので、今回の初重賞挑戦では後手を踏むと思っていた。蓋を開けてみれば自身最速となる前半3F34.2秒の快速で、逃げ馬ランキング10位ウインガニオンの追跡を寄せ付けない逃げを披露

血統も魅力的。あの歴代逃げ馬ランキング9位エイシンヒカリの妹に当たる。調教師に言わせると「兄より気性が難しい」とのこと。デビューから中距離を使ってきて、この3走前から短距離を使い始めたら大好走続き。今後もマイルあたりで快速ぶりを発揮していきそうだ

 

《ウインガニオン ◇ランクダウン 10位→11位

・短評 

スタートが遅めなのはよくあること。そこからビュンと加速して前につけるまでは今まで通りだが、今回はその先にまだエイシンティンクルがいた。番手でも競馬はできる馬。しかし先頭を取りに行って足を使った上での番手どまりでは、最後の直線に足を残すことができなかったようだ。トップ斤量の58kgも堪えたか

f:id:amano_shintaro:20180812181208j:plain

 

勝ち馬短評

《プリモシーン

中団の後ろめに控えての競馬。最後の直線で大外に出すとやや内にささりながらも伸び続けて33.4秒の末脚を繰り出し勝利。2着になったワントゥワンも最後方から追い込んできた馬なので、後方に有利なレース展開だったようだ。また、今回は上位3頭が牝馬。ハイスピードなラップ展開でスタミナギリギリのレースになり、軽斤量の恩恵が大きかった

結果論で言えば51㎏の差し馬プリモシーンが勝つのは必然なレース展開だったか(その”展開”をレース前に読むのが難しいんだけども)

 

 

【今回の予想記事】

 

【エイシンティンクルの兄エイシンヒカリは敵台逃げ馬ランキング9位!】