週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【キーンランドC・2018年】逃げた時の好走率が抜群ナックビーナス|逃げ馬レース結果

 

『キーンランドカップ』(3歳上G3)  札幌 芝1200m(稍重)

◆勝ち馬◆ ナックビーナス     勝ち時計 1:09.4【平均ハロン 11.57】
◆逃げ馬◆ ナックビーナス(1着) 前半ラップ 33.7【3F基準 36.3】《Hペース》 

 

ナックビーナスのレース展開

揃ったスタートから素早く先頭に立つと、半馬身差のリードのままレースを進めた。最終コーナーで難なく2番手のオールインワンを競り落とし、直線入口で加速。後続との差を広げ、最後までそのリードを保ち2馬身半差をつけて勝利

キーンランドカップ2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

キーンランドカップ2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《ナックビーナス ◇ランクイン 圏外→12位

無理に逃げる事はしない分、すんなり逃げられた時のレース運びは特にスムーズ。今回は逃げると思われたオールインワンが控えたことで、完全に主導権を握ることができた

おそらく前半3Fを33.5秒前後のタイムで定速で走っており、今後も他の逃げ馬がそれより速く走るかどうかで”逃げ”あるいは”番手”の競馬をしていくことになるだろう。相手に関係なくタイムを出せることで、毎回常に安定して力が出し切れるようだ

 

《オールインワン ◇ランク圏外

きれいに揃ったスタートを決めても手を動かすことなく、何度も何度も内を見て周りの馬の出方を伺っていた。そうこうしているうちに馬の方がかかってしまい加速。結局2番手のポジションとなり、4コーナーで早々と脱落

過去の戦歴から”逃げるしかない馬”という答えが出ているように見えるが、戸崎騎手は”ノーマルな馬”としての騎乗を選択してチグハグな競馬となった。この騎手は競馬新聞を読まないタイプのようだ

もともと能力的に足りていない感はあったので、今回のようにハイペースになったら逃げようが逃げまいが好走の可能性は薄い馬ではある。ただ、だからといって前を狙わないレースをさせていると、今後馬が逃げることさえやめてしまう危険もある。肉体的なダメージな少ないが、精神的なダメージは大きいレースとなった

f:id:amano_shintaro:20180826171713j:plain

 

【今回の予想記事】