週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【小倉日経OP・2018年】中央での初逃げを達成スーパーマックス|逃げ馬レース結果

 

『小倉日経オープン』(3歳上OP)  小倉 芝1800m(良)

◆勝ち馬◆ レトロロック       勝ち時計 1:46.1【平均ハロン 11.79】
◆逃げ馬◆ スーパーマックス(5着) 前半ラップ 35.7【3F基準 35.4】《Mペース》 

 

スーパーマックスのレース展開

並のスタートだったが大外からでも押していった。ややふらつきながら蛇行しつつ、最初のコーナーの途中でやっとハナを確定。道中は押しながらの逃げで1馬身差をキープ。第3コーナーで2番手の馬に並びかけられると猛スパートで応戦。しかし最終コーナー途中で交わされ力尽き、結果8頭中の5着となった

小倉日経オープン2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

小倉日経オープン2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《スーパーマックス ◇ランク圏外

今までは芝で逃げることさえできなかった馬が、今回はなんとか先頭には立てたのが収穫か。無理な形での先行で道中ペースを落とすことなく走らせて、それでも最後の直線で大きくバテてはいなかった。能力はそれなりに高そう

気になったのは山口勲騎手の大きな挙動。佐賀の馬場ならあの乗り方がいいのだろう。しかし、ハイスピードの中で展開する中央の芝レースではロスがあるように見えた。これからも中央に挑戦し続けるようなら、中央の騎手が乗った場合のスーパーマックスも見てみたい

f:id:amano_shintaro:20180826183312j:plain

 

勝ち馬短評

《レトロロック

3番手を少しかかりながらの追走。第3コーナーで前がペースアップをするのに合わせて追いかけると、直線入口で並んでそのまま抜き去り勝利

前の馬たちのペースがほぼ一定で、ペースメーカーとして使うのに最高だった。小頭数で気分よく走れたのもプラスに働いた

小粒なメンバーだったとはいえ、かつての期待馬が初のOP勝利。これがさらなる活躍のきっかけになるか

 

【今回の予想記事】