週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【セントライト記念・2018年】不可解な第3コーナーフルスパート作戦、タニノフランケル|逃げ馬レース結果

 

『セントライト記念』(3歳G2)  中山 芝2200m(良)

◆勝ち馬◆ ジェネラーレウーノ       勝ち時計 2:12.1【平均ハロン 12.01】
◆逃げ馬◆ タニノフランケル(12着) 前半ラップ 35.6【3F基準 36.0】《Mペース》 

 

タニノフランケルのレース展開

五分のスタートから押しまくって力強い加速、好スタートで先頭に立ちかけていたジェネラーレウーノの前にでると、最初のコーナーで4馬身ほどのリードを付けて展開。1000m地点となる向こう正面で一旦差が縮まると、再度加速し10馬身差以上開いた

大きなリードを確保しながら直線に入ったが、残り150mで完全に力尽きてしまい、番手のジェネラーレウーノに交わされると後続にも次々交わされて12着に沈んだ

セントライト記念2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

セントライト記念2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《タニノフランケル ◇ランク圏外

戦績的に逃げて力を発揮するタイプなのは明白で、無理にでも先頭をとったことは良かった。しかし、向こう正面で自分からペースを落とした挙句一気に差を縮められ、慌ててペースを上げて第3コーナーでは11秒台のラップを連発。この一連のラップのチグハグっぷりはいただけなかった

第3コーナーでの暴走は馬の若さから来ているという見解が自然な見方。ただ映像を見てみると追いつかれたことを確認した直後に騎手が気合を付けているように見えた。自分の見解が正しいなら、次走以降、逃げが得意な騎手が乗ったら馬がガラリと変わるだろう

 

《ケイティクレバー ◇ランク圏外

スタートから気合を付けて前を狙ったが、タニノフランケルの猛プッシュには敵わず。結果3番手で終始かかり気味のレースとなり、勝負所で置いていかれ最下位となった。逃げなければダメな事をまたも痛感する結果。もともと分かっていることがより深く分かっただけのレースだった

f:id:amano_shintaro:20180919010026j:plain

 

勝ち馬短評

《ジェネラーレウーノ

少しヨレてもメンバー中最高のスタート。すごい剣幕でハナを譲らなそうなタニノフランケルが迫ってきたので、すんなり数馬身前に行かせて”準逃げ状態”でレースを進めた。第3コーナーで十馬身以上引き離されたときもこの馬のラップを冷静に刻んで追走。終盤では、バテた前を交わしつつ後続馬たちを寄せ付けない絶妙のペース配分で勝利

皐月賞で似たような厄介なラップ構成のレースを経験してきたことが、今回の立ち回りの上手さに繋がったか。菊花賞では賞金的に純粋な逃げ馬は少なそうで、この馬がフリーに動ける可能性が出てきた。ジェネラーレウーノの動き次第で菊花賞の展開が大きく左右されそうだ

 

【今回の予想記事】