週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【シリウスS・2018年】自己ベストタイの速さを記録コパノチャーリー|逃げ馬レース結果

 

『シリウスステークス』(3歳上G3)  阪神 ダ2000m(不良)

◆勝ち馬◆ オメガパヒューム     勝ち時計 2:01.5【平均ハロン 12.15】
◆逃げ馬◆ コパノチャーリー(12着) 前半ラップ 34.7【3F基準 36.5】《Hペース》 

 

コパノチャーリーのレース展開

ややよれたスタートも、すぐ立て直して外のサンライズソアと並んでの逃げ。コーナーワークで半馬身のリードをとって展開。最終コーナー出口で交わされると直線ですぐ失速し12着となった

シリウスステークス2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

シリウスステークス2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《コパノチャーリー ◇ランクキープ 2位→2位

前半3Fの34.7秒はこの距離としては極めて速い。この速さを譲らないのがこの馬のトップランカーの所以か。さすがに飛ばしすぎて最後は早々とバテてしまったが今後の逃げに期待が持てる走りだった

 

《サンライズソア ◇ランクアップ 9位→8位

外枠スタートからちょっと気合をつけると一気に先頭争いの位置まで加速。ハイペースで飛ばすコパノチャーリーの番手をマークして走ると、最終コーナーで早めに交わしきって逃げこみ体勢へ。最後は追い込み馬たち交わされ3着となったものの、このハイペースをほぼ逃げ馬と同じ位置にいてこの着順は立派

今まではスロー逃げしかしていなかったが、速いラップの逃げの適性も高そうだ

 

《ヨシオ ◇ランクダウン 8位→9位

スタートから激しく押したが速さが足りず4番手。馬に囲まれ周りをやたら気にしている様子で、勝負どころではポジションが下がる一方。結果12着となった。他馬を怖がっているような素振りが見受けられたので、逃げるかせめて外のポジションを走らないとダメそう

f:id:amano_shintaro:20180930011706j:plain

 

勝ち馬短評

《オメガパヒューム

中団の後ろで控えて、残り600mで一気にポジションアップ。そのままスピードを維持して前を一気に交わしきった。2着ウェスタールンドは最後方から直線だけで来た馬なので、今回のレースは前半のハイペース分で最後は後ろに有利な流れになったか

オメガパヒュームはこれで6戦4勝の3歳馬。やはり今年の3歳馬は明らかにレベルが高い。ここまでくると今年の秋競馬は”3歳馬”というだけで買ってもいいかもしれない

 

【レース前の予想記事】