週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬レース結果【オパールS】あえてアクセルを踏む必要のない速さモズスーパーフレア|2018年

 

『オパールステークス』(3歳上OP)  京都 芝1200m(良)

◆勝ち馬◆ アンヴァル         勝ち時計 1:08.2【平均ハロン 11.37】
◆逃げ馬◆ モズスーパーフレア(3着) 前半ラップ 33.4【3F基準 34.1】《Hペース》 

 

レース展開・位置取り図

オパールステークス2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

オパールステークス2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《モズスーパーフレア ◇ランクイン 圏外→8位

好スタートから急加速でほとんど持ったままで先頭に立った。1馬身のリードで展開し最後の直線でもスピードを保っていたが、大外のアンヴァルに豪快に交わされたあたりで足がなくなり、後続馬群に飲まれかけたところでゴール。なんとか3着を確保した

ほとんど手を動かさずに逃げ馬ゴールドクイーンを退けた足は素晴らしかった。3歳牝馬でレース経験は少ないが、逃げた時は好成績続き。大きな壁に当たるまでは、これからのレースもブレーキ踏まずにガンガン逃げていくだろう

 

《ゴールドクイーン ◇ランクダウン 5位→9位

好スタートを切ったものの、となりのモズスーパーフレアが逃げるのを見て控えた。すると番手の位置で両側を挟まれてさらに後退し4番手に。最後の直線ではまったく伸びず14着に沈んだ

前走北九州記念で飛ばし過ぎたことを気にしたのだろうが、今回は大きな武器だった”逃げ足”を殺す騎乗。下手をしたら今後は好走どころかもう逃げる事も出来なくなるのではと心配になるほどの惨敗。ここは負けてでも飛ばしていって未来に繋げるべきだったように思う

今後は一息休養を入れるか、血統的にダート転向をするかもしれない。次走、陣営が”積極的にリードできる騎手”を乗せるようならまだのぞみはあるか 

f:id:amano_shintaro:20181008004043j:plain

 

勝ち馬短評

《アンヴァル

激しく押して中団の前目を確保。最後の直線手前で外から来た馬に前をカットされたものの、その後すごい切れ味を発揮して前を差し切って勝利

最軽量50kgがハイペースという舞台で最大限に活きた。速い流れの前ポジションでも他の馬より足を残せており、最後の差しに繋がったのだろう

ただ最終コーナーのごちゃつきでも闘志を失わなかったのはこの馬の持つ”強さ”。「スプリントを先行」という条件なら現時点で4戦全勝なので、次走で斤量を背負うことになったとしても、条件に合致しそうならむやみに評価を下げない方がいいかもしれない

【レース前の予想記事】