週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬レース結果【東京盃】重くても速いマテラスカイ|2018年

 

『東京盃』(3歳上G2)  大井 ダ1200m(良)

◆勝ち馬◆ キタサンミカヅキ   勝ち時計 1:12.1【平均ハロン 12.02】
◆逃げ馬◆ マテラスカイ(4着) 前半ラップ 34.4【3F基準 36.1】《Hペース》 

 

レース展開・位置取り図

f:id:amano_shintaro:20181011080534j:plain

 

ラップタイム表

f:id:amano_shintaro:20181011073255p:plain

 

 

☆逃げ馬評価

《マテラスカイ ◇ランクキープ 1位→1位

遅れたスタートから走力だけで先頭に立ったのはさすが。快速を発揮し勝利目前だったが、残り200mで13秒後半とガクッとラップが落ちて4着

今回は休み明けでプラス18kg、馬体重526kgは自身最高体重。かなり緩く仕上げてきたのは次走のJBCが最大目標が故か。この状態でもこれだけ走れたのなら、理想体重に戻ればどれだけ速いのか

 

《ネロ ◇ランクキープ 10位→10位

出足はまあまあ良かった。横からマテラスカイが行くのを見てピッタリ番手追走。最後の直線しぶとく伸びて一旦は先頭に立ったものの内から割り込んできたキタサンミカヅキに交わされ2着。今までの成績が示す通り、ダート1200mなら逃げずに番手でも十二分に戦えた

レースを使って調子が上向くタイプのようにはみえるが、ここ4戦の間隔はさすがに短か過ぎるのではないだろうか?もし次走JBCあたりに出てくるようなら”疲れが抜けているか”は注意した方が良さそう

 

《グレイスフルリープ ◇ランクキープ 8位→8位

好スタート。しかし外枠で無理に前は狙わなかった。流れなりに4番手でレースをしバテずキレずで3着に入った。外枠スタートにしてはよく前に行けた方とも考えられる

柔軟性のある馬なので乗る騎手の特色が出やすいのかもしれない。今後は”逃げ騎手”が乗らない限り、狙って逃げる事はないのかも

f:id:amano_shintaro:20181011082255j:plain

 

勝ち馬短評

《キタサンミカヅキ

先行集団の後ろにつけて最終コーナーは最内を回った。バテたマテラスカイとそれを交わしたネロの間を通って伸び、ゴール前捕らえ切っての勝利

昨年大井に移籍したのだが、それ以降11戦で5.3.2.1の超好成績。よほど地方競馬のコースが合っているのか、あるいは環境の変化で馬の意識が激変したのか。京都競馬場で行われる今年のJBCに出てくるようなら、そのどちらかだったのかの答えが分かりそう

 

【レース前の予想記事】