週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬レース結果【府中牝馬S】自分のペースで走っただけで大逃げカワキタエンカ|2018年

 

『府中牝馬ステークス』(3歳上牝G2)  東京 芝1800m(良)

◆勝ち馬◆ ディアドラ       勝ち時計 1:44.7【平均ハロン 11.63】
◆逃げ馬◆ カワキタエンカ(6着) 前半ラップ 34.9【3F基準 34.9】《Mペース》 

 

レース展開・位置取り図

府中牝馬ステークス2018年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

府中牝馬ステークス2018年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬評価

《カワキタエンカ ◇ランクアップ 3位→2位

外が不利な東京競馬場1800mでもすんなり先頭に立った。十馬身以上離す大逃げでも、ラップタイムは平均をキープ。さすがに最後の直線が長くゴール前で後続集団に交わされてしまったが、自分のラップを貫きトップとは0.5秒と差のない競馬が出来た

休み明け+苦手コースでこれだけ頑張れたのだから、次走はさらに期待できそう

 

《クロコスミア ◇ランクキープ 7位→7位

最内が超有利なコースだがすぐに手綱を引いてハナを譲った。外の大逃げを見送って準逃げ状態を確立。ただ遅いラップタイムで終始かかってしまっていた。終盤は差し馬たちと同じ位置からスパートをし、案の定キレ負けして5着

大逃げを目の当たりにして完全にペース配分が狂っていた。岩田騎手はスロー逃げに偏った騎手のようで、同型対戦は苦手そう

f:id:amano_shintaro:20181014150556j:plain

 

勝ち馬短評

《ディアドラ

集団の後方に位置。最後の直線で上がり32.3秒を繰り出し追い込みに成功した。勝ち時計1:44.7はレコードタイムの1:44.2に迫る好時計

今回はラップ的に大逃げしたカワキタエンカだけが平均ペース。後ろの集団は全馬スローといっていい状況で、究極のキレ勝負になった

もし次走もスローで走ることができればどんなトップクラスの馬たち相手だろうと蹴散らしそう

 

【レース前の予想記事】