週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬予想【富士S】さらなる高みへ、マルターズアポジー【室町S】ナンチンノン|2018年

 

【枠順確定】

『富士ステークス』(3歳上G3)  東京 芝1600m

逃◎ マルタースアポジー  柴田善 15番

 ●逃げ予想 A  ●好走予想 A

▽短評▽

前走札幌記念では、猛烈に押し出てて来たアイトーンを抑え、第3コーナーから早くも上がってきたマイスタイルと並走する苦しいレースになり惨敗

考えられる最悪の展開だった前走は仕方ないと切り替えれば、それまでの走りは”逃げ”の割に安定している。馬券的には今回は狙い目

3走ぶりのマイル戦でも、いつも安定したスタートを決めるこの馬なら問題なくハナに立つだろう

【前走記事】

 

逃▲ ウインガニオン  酒井 7番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

ハイペースであれば番手追走でも対応できるタイプ。昨年の関屋記念マルターズアポジーについていきそのままワンツーを決めたことがある。今回もいい目標にして番手で競馬をすると予想

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181018211020j:plain

 

 

 

『室町ステークス』(3歳上OP)  京都 ダ1200m

逃◎ ナンチンノン  国分恭 4番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 B

▽短評▽

ダート短距離の逃げ馬傾向の条件内枠軽斤量若馬大型馬。内枠で大型のこの馬が条件的には良いはず。6ヵ月のリフレッシュで走る気も高まっていると予想

前走天王山Sではスローに落としすぎて負けた感があるので、今回はもう無理に抑えないだろう

【前走記事】

 

逃○ ゴールドクイーン  富田 7番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 C

▽短評▽

芝短距離ランカーがダートに再挑戦。血統的にはシニスターミニスター産駒でダート短距離向きではありそう

逃げるしかないタイプのように見えるが前走オパールSでは中途半端に控えて挟まれ、馬に精神的ダメージを与えるような展開での惨敗

それを受けてか今回は新人2年目の富田騎手に乗り替わり。経験は浅いがこの馬にとっては消極的な騎手よりは大分マシになったはず。ダート短距離逃げ条件の軽斤量若馬が当てはまるので、ここでの逃げの可能性は十分にある

【前走記事】

 

逃▲ ベストマッチョ  三浦 11番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

前々走アイビスSD前走NST賞と2度続けて出遅れている。騙馬ということもあり難しい気性なのかもしれない。こうなると”出遅れ癖が付いた”と考えられるが、今回は騎手が変わって押しまくることに定評のある三浦騎手。”絶対逃げろ”の作戦を受けているのならこの馬の持っている”メンバー中最速の前半ラップ”が炸裂する可能性はある

【前走記事】

 

逃△ ドライヴナイト  浜中 9番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

スピードの絶対値は高そうなのだがここ2走立ち遅れ気味のスタートが続いている。距離短縮となる1200m戦ではさらにそのミスが響きそう。ようはスタート次第なのだが、今回うまいくいく確率は低いと見る

【前走記事】

 

逃× キタサンサジン  小牧 15番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

毎回一定の速さでスタートを切れるが最高速は決まっているタイプ。相手次第の位置取りになりがちだ。今回は逃げ馬ぞろいに加えて外枠。最初から”先団にとりつく程度の追い方”になりそう

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181018211032j:plain