週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬予想【エリザベス女王杯】クロコスミア【福島記念】マルターズアポジー【オーロC】アポロノシンザン|2018年

【枠順確定】

『エリザベス女王杯』(3歳上牝G1)  京都 芝2200m

 

逃◎ クロコスミア  岩田 9番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

前走府中牝馬Sでは強力な逃げ馬カワキタエンカが出てきていたので、最初から手綱を引いて番手の競馬をした。しかしかかっての追走に加えて、苦手なキレ勝負のレース展開で5着に敗北

前走の反省を生かすなら今回は強気に前にいくべき。ただ岩田騎手は必要以上に様子を見るところがあるので、プリメラアスールを過剰に警戒して無理に抑えるケースもあり得る

 【前走記事】

 

逃○ プリメラアスール  幸 4番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

逃げなければ競馬にならないタイプでここでもハナに立ちたい。しかしテンの速さがあるわけではないので、クロコスミアがビュンと出たら控えるしかなくなるだろう

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181109120704j:plain

 

【宿根草】クロコスミア「ルシファー」5号(15cm) ポット

【宿根草】クロコスミア「ルシファー」5号(15cm) ポット

 

  

 

『福島記念』(3歳上G3)  福島 芝2000m

逃◎ マルターズアポジー  戸崎圭 12番

 ●逃げ予想 A  ●好走予想 B

▽短評▽

前走は富士Sで東京競馬場の長い直線に苦心した。今回は最後の直線が短い福島競馬場。レースのしやすさで一気に有力候補筆頭に入れられる

他の有力馬マイスタイル札幌記念の対戦時のように第3コーナーから並びかけてくる可能性があるので、そこを対応できるかがカギ。そうなってくるとテン乗りとなる戸崎騎手は操縦が難しく、不安点といえる

【前走記事】

 

逃○ マイネルミラノ  木幡功 8番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

逃げて大バテを繰り返しており8歳という年齢からかズブさが目立つ。先頭に立つと行きっぷりが良くなるタイプなのだが、マルターズアポジーが出るのなら初速でハナに立つのは無理そう。玉砕覚悟で追うよりは早めに番手で妥協するはず

【前走記事】 

f:id:amano_shintaro:20181109120717j:plain

 

 

 

『オーロカップ』(3歳上OP)  東京 芝1400m

逃◎ アポロノシンザン  横山武

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 B

▽短評▽

前走信越Sはウインソワレの作り出した32.8秒のハイペースを番手追走し大バテ。今回はそこまで速くならないと思われる。主導権さえ取れれば多少ラップは速くても耐えられるはず

 【前走記事】

 

逃○ ツーエムマイスター  野中

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

1600万下を逃げて勝ち上がってきて、前走信越Sではアポロノシンザンと同様ハイラップに巻き込まれて惨敗。そのレースではアポロノシンザンは2番手でツーエムマイスターは3番手だった。これを一応の勝負付けとみれば、今回は分が悪い

 

逃▲ テトラドラクマ  石川

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

クイーンCを逃げ切り勝ちし、NHKマイルカップを逃げた馬。前半3Fの持ち時計は34.4秒と速くはないが、今まではマイルを走り続けていた。今回は距離短縮で最初から飛ばしていけるはず

現状まだ逃げにこだわる時期ではなさそうではあるが「長期休み明け」「3歳」「牝馬m」「軽斤量」と逃げやすい条件がそろっているのは事実。どういう動きをするか見もの

 【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181109132149j:plain