週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【日本ダービー・2019年】課せられた使命を全うしたリオンリオン|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中★

 

『日本ダービー』(3歳G1)  東京 芝2400m

◆勝ち馬◆ ロジャーバローズ   勝ち時計 2:22.6(良)
◆逃げ馬◆ リオンリオン(15着)  前3Fラップ 34.8《H》※レース平均3F 35.7

 

レース展開・位置取り図

日本ダービー2019年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

日本ダービー2019年のラップタイム表

 

逃げ馬短評

《リオンリオン》

外枠で並のスタートだったが押して最初のコーナーでハナを奪った。そのままハイラップで10馬身差以上の大逃げをし、残り400mで交わされると一気に後退して15着入線となった

代打騎乗となった横山武史騎手リオンリオンはここ2走、父の騎乗で逃げて連勝中だったため”逃げなければならない”という使命にも似た責任が課せられていた。結果的にはオーバーペースで自滅的な逃げにはなったが、極端に軽い馬場を考えるとそこまで無茶な騎乗でもなかった

初のG1、初のダービー覚悟を決めた逃げをやり切ったのは、立派な騎乗だったように思う

 

★3歳馬のためランク入りはなし★

 

 

勝ち馬短評

《ロジャーバローズ》

最内で好スタート。そのまま先頭に立つ流れだったが外から来たリオンリオンの勢いを見て2番手につけた。リオンリオンはそのまま大きく離して逃げたので、結果的にこの馬が集団の先頭を走る準逃げ状態。中盤ではその集団を5馬身離し、差をキープしたまま直線を迎えるとすぐにロングスパートして逃げ込み体勢に。ダノンキングリーだけ迫ってきたものの首差凌いでゴールした

ハイラップを押し切るのは能力が高くなければできないこと。過去5戦では分かりにくかったが、一定のペースを刻み続けるのが得意なのだろう。同厩舎にいるキセキに似たタイプか