週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【グリーンチャンネルC・2019年】暴走癖への思い切った改善策が必要レッドゲルニカ|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中ならず★

『グリーンチャンネルカップ』(3歳上OP・L)  東京 ダ1400m

◆勝ち馬◆ アディラート   ◆勝ち時計 1:25.3(稍重)
◆逃げ馬◆ レッドゲルニカ(15着)  ◆前3Fラップ 34.6《M》※レース平均3F 34.8

 

ラップタイム表 

グリンチャンネルカップ2019年のラップタイム表

 

逃げ馬短評

《レッドゲルニカ》

好スタートを切って1馬身半くらいのリード。コーナーでさらに3馬身開いて直線へ。残り400mで足色が衰えると、残り250mで交わされ馬群に沈んだ

単騎で行けて前走よりはまともな競馬が出来たように見えたが、結果は悪かった。昨年去勢した効果が小さいのか、行きたがる気性は抑えられていないように見える

今後は追い込みを試したり、開き直って中距離で大逃げするなど、大きな工夫をしていくしかなさそうだ

 

《サルサディオーネ》

いいスタートから押してくらいついていったが、レッドゲルニカが速く2番手での競馬を強いられた。最後は11着入線でも、最後の直線で前を捕らえてそれなりに残し惜しいところはあった

”中距離でこそ”の評価は変わらない。しかし短距離でも一応競馬になるくらいの能力はもっている

 

勝ち馬短評

《アディラート》

大外スタートで中団に待機。最後の直線でグングン伸びてきて残り200mで先頭に立つと後続を退けて勝利

かつてはUAEダービーを走り、のちにドバイゴドルフィンマイル3着のある馬。日本では今年OP入りしてから安定して力を発揮しており、今回はやっと展開が巡ってきての勝利。日本の重賞クラスでの勝負となると厳しそうではあるが、ドバイの馬場なら案外やれてしまうのかもしれない