週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【菊花賞・2019年】大舞台で最初で最後の逃げ(多分)、カウディーリョ|逃げ馬レース結果

 

『菊花賞』(3歳G1)  京都 芝3000m

◆勝ち馬◆ ワールドプレミア   ◆勝ち時計 3:06.0(良)
◆逃げ馬◆ カウディーリョ(8着)  ◆前3Fラップ 37.6《M》※レース平均3F 37.2

 

ラップタイム表 

菊花賞2019年のラップタイム表

 

逃げ馬短評

《カウディーリョ》

前にいきそうだったシフルマンが大きく出遅れ、外からじわじわとカウディーリョが出てきて先頭に立った。かかり気味の逃げで前半は速いラップで流れ、1200mでやっとラップを落ち着けたが、すぐに第3コーナーで勝負が始まりペースアップ。最後の直線残り250mで後続に交わされると、そこからは踏ん張りがきかず次々順位を下げて8着入線となった

今回はレースの流れ上逃げたカタチ。次回からはこれまでどおり控える競馬をするだろう

 

勝ち馬短評

《ワールドプレミア》

先頭争いに加わるほどの好スタートから徐々に下げていき、中団の最内に落ち着いた。終始かかり気味なくらいのいい手応えで流れについていき、最後の直線で荒いフットワークで抜け出すとそのまま後ろの追撃を凌いでゴール

12キロのプラス体重でこの走りは本格化の証。ただ道中の走りから折り合いはギリギリだったように見えた。今回は前半はラップが速めに推移してくれたから良かったものの、スローペースでは無駄なエネルギーを消費してしまいそう

逆に言えば、ペースの流れる中距離を走れば今回以上のパフォーマンスをみせる可能性が高い