週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

競馬2019年12月7日の逃げ馬予想【中日新聞杯】タニノフランケル【リゲルS】コスモイグナーツ【師走S】ランスオブプラーナナックビーナス

 

『中日新聞杯』

逃◎ タニノフランケル 松若 11番 

 ●逃げ予想自信度 B

逃げライバルになりそうなのは最内のロードヴァンドールくらい。そちらも1年10ヵ月ほどまともに逃げていないので今回に限ってよほどのアクションを起こさなければ、タニノフランケルが先手を取るだろう

 左回りの経験が浅いのが気がかりだが、気分よく逃げて100%力を発揮すれば勝てるだけの力はある

 

ドアラドリル 算数 小学1年生: ドアラ先生と楽しくお勉強! (TOKYO NEWS BOOKS)

ドアラドリル 算数 小学1年生: ドアラ先生と楽しくお勉強! (TOKYO NEWS BOOKS)

 

 

『リゲルS』

逃◎ コスモイグナーツ 国分恭 4番

 ●逃げ予想自信度 C

近走成績が振るわないがそれでも逃げるしかないタイプ。騎手が国分恭介に変わったことは好材料だろう。この馬には1度だけ騎乗経験があり3勝クラスを逃げ切っている

レース名との関連が深いのもほんの少し好材料か

 

逃○ ランスオブプラーナ 松山 7番

 ●逃げ予想自信度 C

前走カシオペアSでは発馬で前にいったところを強引に外から交わされ、リズムを崩した番手の競馬で惨敗

春には逃げて好走続きで毎日杯まで制した馬。そろそろしっかり逃げようと覚悟を決めてくるころ

 

 

『師走S』

逃◎ メイショウワザシ 柴田善 11番

 ●逃げ予想自信度 B

前走シリウスSでは2F目10.8秒、3F目10.8秒という超ハイラップを刻みそれでも3着に残った。この速さに耐えたのであれば今回も自信を持ってガンガン逃げられる。単純な走力なら重賞級と考えていいかもしれない

気がかりなのは思い切った競馬が出来る松山騎手から、そうではない柴田善臣騎手に変わったこと

 

逃▲ ローズプリンスダム 柴山 13番

 ●逃げ予想自信度 C

前々走ラジオ日本賞はスローペースを逃げて勝利。そのイメージで前走福島民友Cも流れで前にいったところ外の馬に絡まれて潰されるカタチになってしまった

特にハナにはこだわらない馬なので、前走の反省からここは抑えめに出ていくと予想

 

一杯のかけそば (角川文庫)

一杯のかけそば (角川文庫)

  • 作者:栗 良平
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1992/01
  • メディア: 文庫
 

 

★現在の逃げ馬ランキング表★