【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【宝塚記念・2020年】史上最高クラスのマクりに遭遇トーセンスーリヤ|逃げ馬レース結果

『宝塚記念』(3歳上G1)  阪神 芝2200m

  ◆勝ち馬◆ クロノジェネシス【差】  ◆勝ち時計 2:13.5(稍

◆逃げ馬◆ トーセンスーリヤ(7着) ◆前3Fラップ 34.6《H》※レース平均3F 36.4

 

【逃げ馬展開】 横並びのスタートを内のトーセンスーリヤが押して前に出て行った。半馬身のリードでゆったりした逃げ。第3コーナーからキセキクロノジェネシスのまくりが始まりペースアップすると、第4コーナーの出口でかわされた。その後は内で頑張り7着に持ちこたえてゴール

宝塚記念2020年のラップタイム表

宝塚記念2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《トーセンスーリヤ》

中距離を先行していた脚を発揮して、今回は逃げるカタチを選んだ。慣れない逃げをした上に、滅多にないレベルの強烈なマクりに遭い早々と作戦が崩壊してしまったが、それにしては最後も実力馬相手になかなか持ちこたえた印象。遅咲きの戦績ではあるものの現状ではかなり力を持っていることを証明した

今後のレースでは基本番手での競馬のスタンスをとっていくだろう

 

《キセキ》

スタートで立ち遅れて後方からの競馬。第3コーナーで前へ上がっていくと中団にいたクロノジェネシスがかかり気味に反応して絶好の目標になった。通常ならここで2頭が上がっていって最後に後ろが勝つパターンなはずだが、クロノジェネシスはそこから伸び続ける化物っぷり。”かかった”ように見えたのは他馬と余力が違いすぎただけだったようだ

菊花賞を勝って以降、逃げても先行してもマクってもG12着。ある意味最強の自在型。こうなったら今後のレースではその日のキセキの気分に合わせて位置取りが決まっていくのだろう