【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

<逃げ馬結果>【富士S】暴走馬との勝負に応えたスマイルカナ|競馬2020年

『富士ステークス』(3歳上G3)  東京 芝1600m

  ◆勝ち馬◆ ヴァンギャルド【差】  ◆勝ち時計 1:33.4(良

◆逃げ馬◆ スマイルカナ(10着) ◆前3Fラップ 33.8 ※レース平均 35.0

 

【逃げ馬展開】 スマイルカナがポンと出て抜け出したが外からシーズンズギフトが暴走気味に追ってきて再加速してハナを守った。しかしコーナーに入ってもシーズンズギフトは止まらず大きく外を回りながら前に出てきた。直線で再びスマイルカナが先頭に立ち逃げ込み体勢に入ったものの、残り200mで差し馬たちにかわされていった

富士ステークス2020年のラップタイム表

富士ステークス2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《スマイルカナ》

12.4秒と比較的ゆったりしたラップで先頭に立てたと思いきや、かかった馬に絡まれてその後は10秒台を連発。さらにコーナーでも絡まれてしまい厳しい展開だった

今回は不運だったと考えるしかない。絡んできた馬は大きく離れた最下位でのゴールをしており、暴走状態だったといえる

ただそんな馬に対してもスマイルカナが自分のスタイルを崩さなかったのは評価できる。ここで控えて今後の走りに影響を出すよりはマシな選択だったはず。次走、人気を落とすようなら狙い目だ。(今回の走りでむしろファンは増えたかもしれないが) 

 

《モズダディー》

激しく押して前を狙ったが、スマイルカナが外から楽々と前に行くのを見て番手策に切り替えた。しかし先行馬が壁になり4番手まで下がってしまい、その後なんとか外に出して追走。最後は差し馬たちの後ろでジリジリ伸びて6着

位置取りが悪くても最後までしっかり走り切ったあたり、力はある。すんなり先行できるメンバー構成になればまだまだ期待できそう