【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

<逃げ馬結果>【ベテルギウスS】無理使いも収穫はあったメイショウワザシ|競馬2020年

『ベテルギウスステークス』(3歳上L)  阪神 ダ1800m

◇勝ち馬◇ オーヴェルニュ【先】  ◇勝ち時計 1:51.9(良

◆逃げ馬◆ メイショウワザシ(13着) ◆前3Fラップ 38.0 ※レース平均 37.30

 

【逃げ馬展開】 ベストタッチダウンが好ダッシュを決めて前に出かけたが内のメイショウワザシが押して加速しハナを死守した。3馬身のリードを取った後すぐにラップを落としベストタッチダウンと並んでの逃げ。最終コーナー途中でベストタッチダウンにかわされるとそのまま後退した

ベテルギウスステークス2020年のラップタイム表

ベテルギウスステークス2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《メイショウワザシ》

前走チャンピオンズCでは内で控えてしまい散々なレースになったことから、今回は何が何でも逃げる競馬をしてきた

先頭に立ったまではよかったのだが一気に行き過ぎ、抑えたところ今度は一気に減速してしまうチグハグなラップ。勝負所ですでにスタミナが切れてしまっていた

今回は負けてしまったがこれで前走の控えるイメージは払拭でき、馬に元の先行力が戻ってくるはず。中一週のやや無理な出走ではあったものの収穫はあった

 

《ベストタッチダウン》

手ごたえ良く前に行ったが内のメイショウワザシが激しく対抗してきてハナを譲った。終始かかり気味に2番手を走って、最終コーナーで早めに先頭に立ち一旦は4馬身差をつけ逃げ込み態勢に。しかしゴール直前で捕まって4着

 乱ペースの2番手でかかりながらも勝利目前のカタチを作ることができた。このメンバーなら地力はトップといえそう

ただ番手の競馬をこなしたともいえないレースぶりで、やはり逃げるカタチがベストなのが明らかになった

今回は逃げられなかったが枠が逆ならこの馬が逃げられていた可能性もあり、今後もメイショウワザシとの逃げ対戦は注目だ