【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

<逃げ馬結果>【桜花賞】ヤバい同級生がいた不運ストゥーティ|競馬2021年

『桜花賞』(3歳牝G1)  阪神 芝1600m

◇勝ち馬◇ ソダシ【先】  ◇勝ち時計 1:31.1(良

◆逃げ馬◆ ストゥーティ(7着) ◆前3Fラップ 34.1 ※レース平均 34.16

 【逃げ馬展開】 好スタートからストゥーティが内のソダシを制して先頭に立った。600m地点で最後方から上がってきたメイケイエールにハナを奪われ2番手。直線で再び先頭に立つがそこで力尽き7着

桜花賞2021年のラップタイム表

桜花賞2021年のラップタイム表

逃げ馬短評

《ストゥーティ》

一旦先頭に立ってからメイケイエールに先頭を奪われるのは前走のチューリップ賞と同じ展開。こればかりは”同世代にヤバいやつがいた不運”と諦めるしかない

厳しい展開の割には勝ち馬と0.8秒差の7着。スムーズな競馬が出来ていれば上位入線する力はありそう

ちなみにまだ1勝クラス扱いで、次走どのレースを走るかも注目どころ。とにかくメイケイエールと当たらないレースを選ぶだろう

《メイケイエール》

控えるためにわざと手綱を引いていたか、スタートで立ち上がりかけ最後方からの競馬。しかしそこから馬がスペースをこじ開け続けて前に前に出ていき、結局600m地点で先頭に立った。最後の直線入口で手ごたえがなくなると強く追うことなく後方に沈んで18着

序盤のハイラップの中でも全力疾走で上がっていく暴挙。おそらく2F目と3F目を続けて10台中盤で走ったことになる。力はあるのだがまるで発揮できていない状態

気性の矯正は難しそうなので今後は最初から逃げる作戦に出るか、あるいはスプリント路線にいくことになるだろう