【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【カペラS】勝たなくとも有終の美を飾ったモズスーパーフレア|逃げ馬結果2021

『カペラステークス』(3歳上G3)  中山 ダ1200m

◆逃げ馬◆ モズスーパーフレア(4着) ◆前3F 32.8 ※平均 34.75

 ◇勝ち馬◇ ダンシングプリンス【先】  ◇勝ち時計 1:09.5(良

カペラステークス2021年のラップタイム表

逃げ馬展開

大外枠から最高のスタートを決めて先頭へ。1馬身差のリードから2番手ダンシングプリンスに少し寄られるとさらに2馬身にリードを広げて直線へ。残り200mでかわされてもしっかり走り切り4着でゴール

逃げ馬短評

《モズスーパーフレア》

▼ゲートが開いた瞬間すでに半馬身ほど体がスライドしているような、理解が追いつかないほどの発馬の良さ。そこからスムーズ且つ急速なギヤチェンジで100mほどの芝部分だけで十分なリードを確保した

カペラSは例年猛ラップになるとはいえ1F目11.4秒は同レース過去最速タイ、3F目32.8秒も2位。そして後半3Fは36.7秒かかるという激戦を作り、力を出し切った

▼芝、ダートともに逃げ馬ランキング短距離部門トップの最速馬がこれでラストラン。これほどの馬の走りに立ち会えたのは幸せなことだった。この後、歴代の逃げ馬たちとの比較に入るがおそらくトップクラスの評価になるだろう

またこの馬自身は外国産馬で父馬はマテラスカイピンシャンなど日本では逃げ馬ばかりが目立つSpeightstown。となると仔にも逃げ馬の血は色濃く出そう。まだまだ母馬としての活躍が期待され楽しみは尽きない

 

《ダンシングブリンス》

▼4番枠スタートで並みの発馬から押して急加速して前に出ていった。しかしそれでもモズスーパーフレアが前にいるのを見て2番手を選択。残り200mで先頭に立つとそこからは後続馬と同じ脚色で走り切って1着でゴール

長期休養明けでも+8㎏の524㎏と過去好走例のある過去最重量タイに仕上げての勝利で、ハイラップ戦での強さを再証明した

▼逃げ馬ランキングダート短距離部門2位の馬。今回初の1位モズスーパーフレアとの対戦となった。ハナは奪えなかったが最終的にはこちらが勝利しなんとか格好はついた

1位がいなくなる来年はこの馬自らでレースを引っ張って得意のハイラップ競馬を作っていきそうだ

 

f:id:amano_shintaro:20211213145955j:plain