【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

逃げ馬トップサイヤーの座は当分安泰!?『逃げ回数の統計』競走馬/騎手/種牡馬【2021年】

f:id:amano_shintaro:20220109022724j:plain

「中央競馬」「3歳上&4歳上」「重賞&OP」「平地競走」の173レース対象

 

競走馬部門

☆5(+地方1)モズスーパーフレア  (高松宮記念、スプリンターズS、JBCスプリント、シルクロードS、北九州記念、カペラS)

5回 ローザノワール(府中牝馬S、クイーンS、+OP3回

5回 リアンヴェリテ(武蔵野S、シリウスS、+OP3回

5回 エレナアヴァンティ(OP5回

短評

中央競馬のOPクラス以上で年間5回の逃げをした馬が4頭並んだが、モズスーパーフレアは5戦5逃げをきめた上で地方競馬のJBCスプリントも逃げたためその分を加味してトップの記録とした

 

 

騎手部門

10回 国分恭介 (リアンヴェリテ5回、ローザノワール4回、他1回)

7回 坂井瑠星(ホウオウアマゾン2回、ユニコーンライオン2回、他3回

7回 斎藤新(メイショウウズマサ2回、クリスティ2回、他3回

短評

リアンヴェリテローザノワールのお手馬2頭だけで9回逃げる荒稼ぎを見せて国分恭介騎手がトップになった。どの馬でも逃げるというよりは、確固たる逃げ馬を育て上げるタイプと言えるかもしれない

 

 

種牡馬部門

23回 ロードカナロア (メイショウウズマサ4回、パンサラッサ3回、ファストフォース3回、イベリス3回、アスタールビー3回、ケイアイサクソニー2回、他5回)

11回 ディープインパクト(ディアスティマ2回、他9回

9回 キズナ(ビアンフェ2回、クリスティ2回、シャムロックヒル2回、キメラヴェリテ2回、他1回

短評 

ロードカナロア23回は昨年の自身の記録を更新するもの。統計を取り始めた2017年以降ではもちろん最高回数。産駒の数自体が多いにしてもその逃げ馬の輩出率は高い

特に今年は長距離にパンサラッサ、短距離にファストフォースとどちらの距離にもトップクラス逃げ馬を送り込んだ。来年は今年以上の活躍が期待される馬たちで、当分この逃げ馬サイヤーの牙城が崩れることはなさそうだ

 

 

 

【過去の統計データ】

nigeuma.shintaro-amano.com