【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

<逃げ馬予想>【京都金杯(中京)】サトノフェイバー【中山金杯】ロザムール|2022.01.05

f:id:amano_shintaro:20220103121945j:plain

『京都金杯(中京)』

逃◎ サトノフェイバー 古川吉 3番

 ●逃げ自信度 C

”帯に短し襷に長し”なメンバー。逃げ馬ランキング短距離部門に入れていない馬たちが集結した。この難解なレースでの逃げ筆頭格はサトノフェイバーとみた

マイル&1800mでとにかく前に行く姿勢を見せていて、もし逃げられなくても3番手以内を走っている馬。これは毎回安定してダッシュを決めている表れ

横並びの逃げ争いになりそうな今回は、この安定感を活かして内枠を死守することで自ずと逃げるカタチに持ち込めそう

少し心配なのは鞍上で古川騎手は逃げ争いで控えがちなところがある。「行けそうなのにブレーキ」のシーンだけは見たくない

逃〇 バスラットレオン 坂井 2番

 ●逃げ自信度 C

3勝のすべてが逃げ切りでのもの。とはいえそれらはスローペースで、自分から前に行ってどうなるかは未知数

ダービーでの逃げで馬の感覚が狂ってしまったのか、近走は出遅れたり控えたりダートを使ったりと試行錯誤している。しかしどれも不発で目下4連続で二桁着順。そろそろ”とにかく逃げろ”の作戦をとってくる可能性が高い

2番枠と逃げ候補の中で最内に入ったこともあり、逃げやすい臨戦態勢は整った

逃▲ クリノプレミアム 江田照 9番

 ●逃げ自信度 C

これまでの4勝のうち3勝が逃げてのもの。できることなら逃げたいだろうが出足の持ち時計は平凡。今回のメンバーでは速さは見劣る

逃△ ディアンドル Cデム 5番

 ●逃げ自信度 C

かつてはスプリントの先行馬で、今は中距離でのスロー逃げを得意としている。無理をすればマイルでも逃げられる速さはあるがヴィクトリアMでは5番手からの競馬で4着と健闘して控える競馬にも対応

ヨーロッパ出身騎手に乗り替わりもあって今回はさらに控える意識が高そう

逃× ダイワキャグニー 幸 11番

 ●逃げ自信度 C

安田記念を逃げたことはあるものの番手の方が成績は良いタイプ。内に速いのが揃った上での11番枠なら最初から番手狙いで走るだろう

逃× トーラスジェミニ 原 14番

 ●逃げ自信度 C

中距離の逃げ馬でこのメンバーだと速さが足りない。14番枠ではさらに厳しい

 

 

f:id:amano_shintaro:20220103133736j:plain

『中山金杯』

逃◎ ロザムール 北村宏 9番

 ●逃げ自信度 B

前走エリザベス女王杯ではシャムロックヒル(今回も対戦)が先頭に立った後にすぐペースダウンするのを見てかわしにいった。しかし相手はそこで慌てて再スパートしてきたため共倒れの展開になって惨敗

スタートの速さはシャムロックヒルとほぼ互角。しかし今回はこちらが内枠に入ったことと、前回強くプレッシャーをかけたことで逃げ有利な状況。2戦続けて共倒れになるのは両者望まないので、ここは外のシャムロックヒルが早めに引くはず

逃▲ シャムロックヒル 団野 11番

 ●逃げ自信度 C

前走エリザベス女王杯では上記のようにロザムールを釣る動きになってしまい共倒れ

マーメイドS勝ちはあるのだがそれはいくつもの幸運が重なってもので、ここでは実力的に足りているかどうか疑問。元々は番手でも競馬が出来ていた馬。ここは力を測る意味でも無理に逃げ狙いはせず無難に走るだろう

 

 

★現在の逃げ馬ランキング表★