【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【中山金杯】”幸運”と”それを活かす力”を持っているシャムロックヒル|逃げ馬結果2022

『中山金杯』(4歳上G3)  中山 芝2000m

◆逃げ馬◆ シャムロックヒル(7着) ◆前3F 37.6 ※平均 36.03

 ◇勝ち馬◇ レッドガラン【差】  ◇勝ち時計 2:00.1(良

中山金杯2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

ロザムールが出遅れ、シャムロックヒルが好スタートですんなりハナに立った。道中は1馬身半差での逃げ。向こう正面でジェットモーションが後方から3番手まで上がってきてペースアップ。シャムロックヒルは直線半ばで抜け出す強さを見せたが、ゴール直前で後続につかまって7着

逃げ馬短評

《シャムロックヒル》

▼そこそこのスタートからすぐ加速体制に入ってすんなりハナに立った。しかし3F目13.4秒といくらなんでもペースを落としすぎて後方からジェットモーションの捲りを誘発。先頭争いまで上がってきたことで1000~1200m区間11.0秒と急加速しその後も猛ラップが続くロングスパートな先行馬に苦しい展開。ただ、それでもゴールぎりぎりまで残ってあわや2着かという大健闘をみせた

マーメイドSを神がかった幸運で勝ったイメージがあり実力を見くびっていた。今回の走りを見るに単騎逃げのカタチで気分よく走ればかなりの力を発揮できるようだ

となると今後は今まで以上に積極的に逃げを狙ってきそう

《ロザムール》

▼発馬でダッシュがつかず出遅れ。シャムロックヒルの逃げを見送って2番手につけた。途中な急激なペースアップについて行くのが精いっぱい。最終コーナーで3番手に落ちるとそのまま後退し16着でゴール

▼スタートが速くない馬とはいえ今回は特にダッシュがつかなかった。もぞもぞしたスタートで特にミスをした感じでもなかったので、悪い癖になって根本的に出が悪くなる可能性がある

逃げれば強いはずだが、今後は同型と当たると逃げられない事が増えてきそうだ