【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

★逃げ馬予想★【フェブラリーS】インティ【小倉大賞典】ノルカソルカ【ダイヤモンドS】グレンガリー【京都牝馬S】アスタールビー|2022.02.19,20

f:id:amano_shintaro:20220204155931j:plain

『フェブラリーステークス』

逃◎ インティ 武豊 3番

 ●逃げ自信度 C

”誰も行かなければ逃げるタイプ”。前走チャンピオンズCでは好スタートから内のソダシが行くのを見て2番手に収まって4着と善戦した

全盛期ほどの速さは感じないが、それでも今回の先行馬たちは”番手を死守したいタイプ”が多く、結果この馬が前に出るケースが十分にある

逃○ ソダシ 吉田隼 11番

 ●逃げ自信度 C

前走チャンピオンズCでは最内だったこともあり、砂を被るのを嫌って積極的に逃げて直線半ばで失速し惨敗

今回は外目の枠。抑えきれないところがあるため一気に逃げてしまう可能性を秘めてはいるが、理想としては先団の外目あたりにつけたいところだろう

ソダシは先月シルクロードSを勝ったメイケイエールの近親。溢れる先行意欲を何とか矯正して爆発力に繋げたその走りを、この馬でも再現できるのではないかという幻想がどうしても頭をよぎる

 

 

 

f:id:amano_shintaro:20220204160025j:plain

『小倉大賞典』

逃◎ ノルカソルカ 勝浦 4番

 ●逃げ自信度 B

3勝クラスから昇級したての馬がいきなりの重賞挑戦。マイルばかりを使い逃げていた馬で、この距離このメンバーなら最も速い

4番枠に入ってあとは覚悟を決めて逃げるのみ

逃○ トップウィナー 城戸 9番

 ●逃げ自信度 C

ダートで実績を上げてきた馬。しかし近走は日経新春杯から中1週で根岸Sからの中2週で今回小倉大賞典と”使い詰め”且つ”迷走気味”なローテーション

ある程度の速さはあるがこの馬が芝1800mで逃げるとなると、玉砕覚悟のスタートダッシュが求められる。さすがにテン乗りの城戸騎手がそこまでやるとは思えない

逃▲ ジェネラーレウーノ 柴山 14番

 ●逃げ自信度 C

芝・中長距離ランキング8位。ただしこのランキングは2000m以上の重賞レースでの逃げを評価したもの。ここ2戦はマイルでおくれをとっており1800mでも速さは足りないと考えられる

ただ今回、久々の軽斤量で走れることは好材料。この要素ひとつで一変する可能性もなくはない

 

 

 

f:id:amano_shintaro:20220204160126j:plain

『ダイヤモンドステークス』

逃◎ グレンガリー 大野 1番

 ●逃げ自信度 C

確固たる逃げ馬のいないレース

しいていうなら過去に条件戦ながら2度逃げて両方とも勝利しているグレンガリーが筆頭。ただし、あくまで中距離の先行馬でOPクラスでは大敗しているため、今回は”長距離の逃げに一縷の望み”をかけての出走と考えられる

そういう意味では”逃げるしかない状況”といえるかもしれない

 

他の逃げ候補、カウディーリョも2年前に逃げ切り勝ちがあるが、近走は番手に努めていてステイヤーズSでは番手追走でもバテて7着。積極的には動けそうにない

テーオーロイヤルは2走前に2400mを逃げ切っていて、ここでも逃げたら勝てそうなほどの有力馬。ただ3連勝中の4歳馬と底が見えておらず、あわよくば天皇賞(春)も狙える逸材

先々の事を考えたらここは何としても控える競馬をさせてくるはず

 

 

 

f:id:amano_shintaro:20220204160148j:plain

『京都牝馬ステークス』

逃◎ アスタールビー 城戸 6番

 ●逃げ自信度 B

近走での重賞逃げ実績はビアンフェの2番手しかないためランク入りはしていない。しかしここ3戦ではOPクラスを連続で逃げて先行意欲は極めて高く、またこれまで18戦連続で1200mを使いほぼ逃げ、番手の競馬をしていての久々の距離延長。ランク馬相当の速さがあり、今回のメンバーでは抜けている

重賞実績のない城戸騎手のテン乗りは心配点だが、6番枠と良いところに入ったことで問題なく逃げ態勢に入れるだろう

前走ラピスラズリSではほぼハナを確定させたところで、遅れて外から来た馬に強襲されそれを再加速で封じた上での4着という強い内容。過度なハイペースにさえならなければこの距離でもやれそう

逃○ クリスティ 武豊 13番

 ●逃げ自信度 C

芝・短距離ランキング8位。内枠に入ると逃げて外枠に入ると逃げない傾向がある

ヴィクトリアマイルを前半3F34.3秒で逃げた脚は良かったが、その次走関屋記念では外枠&デムーロ騎乗で控えた。そこからダート重賞を2戦して1番枠に入った1800m戦は逃げ、7番枠に入った1500mは4番手から徐々に後退

今回は武豊騎乗で先行力が強化されるとはいえ、近走スタートダッシュをさせていないことから1400mでいきなりの逃げは難しそう。そしてなにより逃げ実績のない外枠スタート

今回は先行力の立て直しレースと考えて、逃げを狙うなら次走以降だろう

 

 

★現在の逃げ馬ランキング表★