【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【ダイヤモンドS】勝利に近い8着だ!グレンガリー|逃げ馬結果2022

『ダイヤモンドステークス』(4歳上G3)  東京 芝3400m

◆逃げ馬◆ グレンガリー(8着) ◆前3F 34.4 ※平均 35.61

 ◇勝ち馬◇ テーオーロイヤル【先】  ◇勝ち時計 3:30.1(良

ダイヤモンドステークス2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

最内グレンガリーが好スタートを決めてポンと抜け出した。徐々にリードを広げ1200m以降は6馬身離した逃げで展開。直線入口までそのリードを守ったものの残り400mで失速しつかまった。最後はまわりの馬の脚も鈍り8着でゴール

逃げ馬短評

《グレンガリー》

▼他が遅いとはいえ抜群のスタートでまず1馬身獲得。おかげて外から上がろうとしてきた馬たちを難なく制してハナを確保した

スタンド前にあたる800~1200mでややかかってラップが上がったが、それ以降は落ち着いた逃げ。それでいて第4コーナーでは後続とのリードをキッチリ保つ見事な加速を発揮した

最後はバテたがこれは実績を考えれば仕方ない。大健闘のレースだ!

▼しいていうなら+12㎏で450㎏と過去最高体重だったのは、長距離のスタミナ面で厳しかったかもしれない。あと、仕掛けてからの反応が良すぎてキレを発揮するタイミングが早くなってしまった。これはテン乗りゆえの誤算か

まあ正直、ブービー人気の馬に対してこれだけ細かい問題点を挙がることこそが”いい走り”をした証明。今後も今回のような力の限りを尽くしたレースぶりに期待したい!