【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【日経賞】美しいまでの連続加速ラップ、タイトルホルダー|逃げ馬結果2022

『日経賞』(4歳上G2)  中山 芝2500m

◆逃げ馬◆ タイトルホルダー(1着) ◆前3F 37.8 ※平均 37.30

 ◇勝ち馬◇ タイトルホルダー【逃】  ◇勝ち時計 2:35.4(稍

日経賞2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

いいスタートから猛プッシュしたタイトルホルダーが抜け出してハナ確定。1馬身のリードで逃げ、最終コーナーでは番手馬に半馬身まで寄られても直線で競り落とし、他の馬にも抜かせず勝利

逃げ馬短評

《タイトルホルダー》

▼スタートでの覚悟を決めた猛プッシュが成功しハナへ。道中の後続馬たちは強い馬が逃げた時にありがちな膠着状態になりタイトルホルダーは好きなペースを選ぶことができた

自身がかかり気味になってもスローペースに努め一旦はハロンラップを13.4秒まで落とした。向こう正面から徐々にブレーキを緩めると、残り1200m~200m区間を同じような割合で加速し続ける”美しいラップ構成”で走り、後続の追い上げを完封した

▼今回の最初の100mラップ6.9秒は前走有馬記念で前に行かれたパンサラッサのタイムと同じ。稍重の分を考えるとむしろ速い。これはスタートから迷わず押した表れだろう。横山和生騎手武史騎手よりおとなしいイメージだったが、やると決めたことは覚悟を持ってやれるタイプのようだ

少しかかった状態での逃げになったのは心配点。しかしおそらく本番でのいろんなケースを考えてあえてスローにしてみた結果だと考えられる

本来もう少し流してスタミナ勝負に持ち込むのが勝ちパターン。それでも今回のカタチでも勝てると分かったのは思わぬ収穫かもしれない