【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【NHKマイルC】逃げ馬の出遅れで不運の連鎖トウシンマカオ|逃げ馬結果2022

『NHKマイルカップ』(3歳G1)  東京 芝1600m

◆逃げ馬◆ トウシンマカオ(8着) ◆前3F 34.1 ※平均 34.61

 ◇勝ち馬◇ ダノンスコーピオン【差】  ◇勝ち時計 1:32.3(良

NHKマイルカップ2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

ジャングロがゲート扉に突進し下がったところでゲートが開き大きく出遅れ。ハナ争いは好スタート組が並んだ状態で進み、その中で最後までブレーキを遅らせたトウシンマカオがハナに立った。3/4馬身差で逃げ、直線入口で少し離したが、残り180mでかわされると伸びを欠き8着でゴール

逃げ馬短評

《トウシンマカオ》

▼逃げると予想されたジャングロが大きく出遅れたためハナ争いは横並びに。競るカタチになり2F目10.5秒と激化。ハナが決まってからも3歳馬同士では制御が効かず先団がバラけずに飛ばす苦しい展開に

残り3F区間でのラストスパートで11.1秒と無駄に鋭いキレを発揮してしまったのもスタミナ消費が早まる原因だったか

▼もしジャングロがすぐ逃げてくれれば2F目の激戦が起こらず、全体的に落ち着いた展開になっていたと考えられ、この馬の鋭いキレが活きたかもしれない。ジャングロも不運だったがその結果ハナに立たされたトウシンマカオも不運だった

次走は番手狙いの意識がかなり高くなりそう

《ジャングロ》

▼ゲート待機中に扉に突進し、反動で下がったところでゲートがオープン。態勢最悪の状態で走り始めて先頭から7馬身もの大きな出遅れになった。その後最後方に留まり、直線だけで追い込みをかけ、上がり33.8秒とメンバー中2位タイの末脚で7着に上がってゴール

▼酷い展開、初の後方競馬でも7着の結果は類まれな潜在能力の証

今回はイレギュラーなケース。もしゲートに強くハナをぶつけていたようなら次走スタートを怖がる可能性がなくはないが、終盤しっかり追い込んできたところを見るとまず大丈夫そう

次こそは前で存分に力を発揮してくれるはずだ