【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【プロキオンS】消去法で残った作戦に望み賭けたエアアルマス|逃げ馬結果2022

『プロキオンステークス』(3歳上G3)  小倉 ダ1700m

◆逃げ馬◆ エアアルマス(13着) ◆前3F 35.3 ※平均 36.6

 ◇勝ち馬◇ ゲンパチルシファー【差】  ◇勝ち時計 1:43.7(稍

プロキオンステークス2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

メイショウウズマサがポンと出て1馬身リード。しかし1番枠のエアアルマスが馬体を入れて内を死守。コーナーワークでエアアルマスが少し出たところ、さらに外からトップウィナーがきて3頭が並んだ。第3コーナーでエアアルマスがまた前に出て1馬身リードも、直線入口でつかまり失速、後方に沈んだ

逃げ馬短評

《エアアルマス》

▼レース後のコメントから”絶対に砂を被りたくない馬”らしく、最内の今回は無理してでもハナを取りに行ったようだ。結果100~300mが10.6秒とスプリント級の超ハイラップ。その後もトップウィナーの進出で再加速させられ厳しすぎる展開

もし控えても”砂を被って必ず負けていた”とするなら、もう枠が決まった時点で詰んでいたことになる

▼今後も内枠に入ったら逃げるかもしれないが、それ以外の枠なら控えて馬群の外に位置するはず。この場合”逃げ馬”とは言わないと思うが、判断難しいところ

《メイショウウズマサ》

▼出足は抜群だった。しかしまさか内のエアアルマスがここまで無理して絡んでくるとは誤算だったか。あとからきたトップウィナーと挟まれるカタチで加速を強いられさらに苦しい展開に。直線入口で一瞬先頭に躍り出たところで勝ち馬らに差されて最後は8着でゴール

▼スタートですぐに内に寄せればもしかしたらハナに立てたかもしれないが、危険を避ける意味では仕方ない進路だったか

実質序盤の速さでは勝っており、前に行った馬たちが12~16着と惨敗する中でこの馬だけは8着と格好をつけ地力の高さを見せた。次走は狙い目だろう

《トップウィナー》

▼並のスタートから鞭を入れて300mもの距離を追いまくって前を取りに行った。その結果カーブに入っても外から徐々に上がっていき600m地点で先頭に。その後3番手をキープするも最終コーナーで馬群に飲まれて15着でゴール

▼無理のある先行策。陣営から”必ず前に行け”という指示があったと思われる

おそらく「後方に付けて”控え癖”がつくよりは、負けてでも先行スタイルを続けた方が良い」という考えだろう。今持っているカードで戦うしかない6歳馬を考えると”理にかなった走り”と言える

《ユニコーンライオン》

▼一瞬フワッと浮いたがなかなかの出足。自然な手応えて5番手につけた。しかし800m走ったところで手応えがなくなり失速、最終コーナーで最後方になりゴールは大差の16着

▼ダートとはいえ負けすぎ。後遺症のない疾病での休養だったので気持ちの問題なのだろう。ということは逆に考えれば気持ちが乗りさえすれば復活可能とも考えられる

昨年たった2戦の逃げで大仕事をした馬。先頭に立ちさえすれば一変するはず