【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【函館記念】重馬場で自己ベスト出すレッドライデン|逃げ馬結果2022

『函館記念』(3歳上G3)  函館 芝2000m

◆逃げ馬◆ レッドライデン(11着) ◆前3F 35.3 ※平均 37.08

 ◇勝ち馬◇ ハヤヤッコ【先】  ◇勝ち時計 2:03.6(重

函館記念2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

スタートから押して外レッドライデンと内ジェネラーレウーノが抜け出した。ジェネラーレウーノが早めに手綱を引いたことで、その後も押し続けたレッドライデンがハナに。向こう正面では3馬身のリードで逃げ、残り800mで差が縮まり、残り500mでかわされると一気に後方に後退し大敗した

逃げ馬短評

《レッドライデン》

▼逃げて連勝で臨んだ前走福島民報杯では逃げられず大敗。今回こそはと逃げ意識が高かった

内の同型ジェネラーレウーノが控えてくれたためすぐハナに立ったものの(重馬場を考えると)速いラップを刻みすぎて消耗。4コーナー手前で脱落しレースにならなかった

▼逃げることには成功、しかし良い結果は出ず。”条件戦を逃げて2連勝”はタイム平凡で、どうやら展開に恵まれた部分が大きかったようだ。OPクラスで通用する実力があるかは疑問

ただこの重い馬場で1F目12.2秒3F35.3秒が出せるなら”速さ”はある。何度も先頭を走っていればいつかマイペースで走れるチャンスが巡ってくるはず

《ジェネラーレウーノ》

▼内で押して抜け出したが外のレッドライデンの勢いを見てブレーキをかけた。離れた2番手追走で展開、第4コーナーでレッドライデンをかわしたところでさらに外から馬群にかわされ失速、13着に沈んだ

▼前走で久々に逃げて復調したかに見えたが、今回は前が潰れるハイラップに巻き込まれレースにならなかった

ただ、かつてはこの”ハイラップの番手”で好成績を上げてきた馬。それだけに今回の大敗でいよいよ勝ちパターンが見えなくなってしまった