【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役・逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の重賞予想を発信。レース後には展開を分析、逃げ馬をランク付け。初心者でも分かりやすい逃げ馬まとめ一覧表を掲載

☆逃げ馬解説【鳴尾記念】制御に苦心するほどの”鋭さ”発揮バビット|2024年

『鳴尾記念』(3歳上G3)  京都 芝2000m

◆逃げ馬◆ バビット(7着) ◆前3F 34.9 ※平均 35.16

 ◇勝ち馬◇ ヨーホーレイク【差】  ◇勝ち時計 1:57.2(良

鳴尾記念2024年のラップタイム表

逃げ馬展開

バビットが好スタートから急ピッチで加速しハナ。道中1馬身差の逃げ。最終コーナーで2馬身に差を広げたが、直線で後続馬の差し脚に飲み込まれた

逃げ馬短評

《バビット》

▼発馬の好反応で半馬身出て、そこから高回転の急ピッチ走法でハナを確定させた。速い芝を考慮すると道中余裕あるラップを作ったが、最終コーナーのスパートでは思いのほかキレ過ぎてしまったようだ。一旦は豪快な動きで他馬を突き放したが、そこでスタミナを使い切ってしまい残り1Fが持たなかった

▼7歳にして若い頃とはまた違った”鋭さ”が表れ、次走以降の期待が高まるパフォーマンスだった。操作性はピーキーになったが上手くキレを活かせればさらに上を目指せそうだ

《アウスヴァール》

▼好スタート切ったが内のバビットが速く2番手に。道中かかり気味の追走。最終コーナーで一杯になり失速し最下位13着でゴール

▼今回は相手が速すぎただけで、逃げに繋がる動きはできていた。また2番手では競馬にならなかったことから”逃げてこそ”の評価が固まり、次走はさらに逃げ意識が高くなるだろう

今回逃げられはしなかったが持ち時計を換算し暫定的に12位にランクインとする