【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役・逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の重賞予想を発信。レース後には展開を分析、逃げ馬をランク付け。初心者でも分かりやすい逃げ馬まとめ一覧表を掲載

★逃げ馬予想★【エプソムC】セルバーグ【函館SS】カルネアサーダ|2024年

『エプソムカップ』

逃◎ セルバーグ 丸山 18番

 ●逃げ自信度 B

芝・中長距離ランキング4位。”マイルの逃げ馬”が近走は中距離路線に進出し、小倉大賞典では3着に入る好走。しかし前走 新潟大賞典では2歩目で躓いてしまったことで逃げられず。途中2番手に上がるまでにスタミナを消費し、最後は12着

前走あまりにチグハグなレースで”大惨敗”してもおかしくないところだったが、意外と最後まで頑張り勝ち馬の差は1.2秒と堪えた。ここは巻き返しが期待できそう

逃▲ グランスラムアスク 御神本 11番

 ●逃げ自信度 C

芝・中長距離ランキング10位愛知杯を超ハイラップで逃げたとき以外はOPクラス以上で逃げられていない。前走中山牝馬Sでは騎手の消極的な動きもありハナを取れず敗北

出脚不足の感は否めないが、今回は地方の御神本騎手に乗り替わりで出脚にプラスに働く可能性はある

 

 

 

 

『函館スプリントステークス』

逃◎ アサカラキング 斎藤 3番

 ●逃げ自信度 B

芝・短距離ランキング2位。前走モルガナイトSでは圧倒的1番人気で自身最速を更新するラップで逃げて快勝

3番枠に入りここも有無を言わさない逃げを敢行してくるだろう

逃〇 カルネアサーダ 鮫島駿 8番

 ●逃げ自信度 C

芝・短距離ランキング8位。前走春雷Sではシナモンスティックの2番手になったが4着と頑張った

今回はアサカラキングがハイラップでいってくれそう。だとすれば前走同様2番手での競馬を選ぶ可能性が高い

(6/8追記) 逃▲ シナモンスティック 丹内 6番

 ●逃げ自信度 C

芝・短距離ランキング7位。前走春雷Sでは1番枠を利してハナに立ち、Hラップ続けて勝馬と0.3秒差の8着。逃げたのはそれが2度目だが前回はキーンランドC2着と逃げたときの成績が良い

となるとここでも前々を狙ってくる可能性はある。ただ今回は序盤消極策が多い丹内騎手が乗るため、結局はこれまで通りの番手策に収まる可能性の方が高そう