週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【逃げ馬・競馬レース結果】『さきたま杯 (2018.05.30・水)』中央の快速馬たちを振り切った地方馬ノブワイルド

 

『さきたま杯(4歳上G2)』浦和 ダ1400m(良)

◆勝ち馬◆ サクセスエナジー  勝ち時計 1:26.2【平均ハロン 12.31】

◆逃げ馬◆ ノブワイルド(7着) 前半ラップ 35.1【3F基準 36.9】《Hペース》

 

◇ラップタイム表◇

さきたま杯2018年のラップタイム表

○表型の特徴 ― 前半が速い

 

 

◆逃げ馬レース展開◆ノブワイルド中心視点

【序盤】  ムチを入れて激しく押したのノブワイルドが好ダッシュ。内で飛ばしていたネロとの競り合いをも制し先頭に立った

【中盤】  最大4馬身のリードをとっての逃げ

【最終コーナー】  手綱をしごいてペースのキープに努めて、迫ってくる後続に並ばせず1馬身のリードで直線へ

【直線】  後続馬たちが追いつき、一気に交わされると完全にガス欠状態で後方に取り残され7着

 

 

☆まとめ☆

《ノブワイルド ◇ランク圏外

中央の快速馬相手に逃げた速さは素晴らしかった。浦和所属の馬なので大舞台に出走できる機会がまだ少ないが、何とかもう一段上の成績をあげて全国区のレースに出られるようになってほしい

 

《ネロ ◇ランク圏外

いい二の足を見せたものの、ノブワイルドのプレッシャーに押されて2番手追走の形になった。そのあたりを見るに芝ほどの行き足がなく、ダートではスピードが活かしにくいようだ

今回は距離が長かったので、敗戦自体のショックは少ない

 

《グレイスフルリープ ◇ランク圏外

好スタートから外枠なりで3番手に位置した。ハイペースの流れの中で4着なのでまあまあ走った方とはいえそう

ここ6走くらい”勝ち”と”負け”を交互に繰り返している。もしかすると年齢的に”疲れのバイオリズムの幅”が長くなっているのかもしれない。となると次走は勝つターンだがどうか

 

f:id:amano_shintaro:20180531140112j:plain

  

 

 

 

【今回の予想記事】