週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【中山牝馬S・2019年】逃げライバルを制したものの暴発にやられたカワキタエンカ|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中★

 

『中山牝馬ステークス』(4歳上牝G3)  中山 芝1800m

◆勝ち馬◆ フロンテアクイーン  勝ち時計 1:47.7(良)
◆逃げ馬◆ カワキタエンカ(12着) 前3Fラップ 36.0《M》※レース平均3F 35.9

 

レース展開・位置取り図

中山牝馬ステークス2019年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

中山牝馬ステークス2019年のラップタイム表

 

☆逃げ馬短評

《カワキタエンカ

内枠スタートから好ダッシュを決めて難なく先頭に立った。他の逃げ馬たちは制したにもかかわらず800~1000m地点でかかって上がってきたワンブレスアウェイに絡まれてしまい急激なペースアップを強いられた。上がって下がってを繰り返す、いびつなラップ構成では逃げ切るのは難しかった

逆に言えば、今回絡まれていなければうまくペースダウンできていそうなラップの形になっている。次走逃げやすいメンバー構成になれば面白そう

 

《ランドネ

持ち前のスピードで前へ前へ出て行った。カワキタエンカが行くのを見て控えたが、後半馬群に揉まれてフォームが崩れ、さらに最後の直線では前が完全に詰まってしまった

次走揉まれない展開が望めるなら大きく勝負してよさそう。それほど今回は消化不良なレースだった

 

《ミッキークイーン

やや立ち遅れ気味でも馬自身がビュンビュン飛ばしていって先頭に立とうという勢い。外枠を考えて川田騎手がブレーキをかけた

この動きを見るに、次走で内側の枠に入れば迷いなく逃げそう

 

《クロコスミア

カワキタエンカが出ていくのを見て早々と手綱を緩めた。するとその間に他の馬に入られてしまい、ズルズルとポジションが下がってしまった。最後は後方から馬群を割って差しにいくという慣れない競馬に。そんな中でも6着に入ったのは、頑張った方だといえる

ひと叩きして先行力を発揮しそうな次走は大きく期待できる

 

 

勝ち馬短評

《フロンテアクイーン》

馬群の真ん中で追走。物怖じせず徐々にポジションを上げていき、最後の直線では外を回して先頭に立った。ゴール前でも後ろの馬たちにぴったりつかれてギリギリまで迫られながらも、ハナ差凌いで勝利

ラップの加減速が繰り返されたレースで、馬群の真ん中にいることで悪影響を軽減できた。馬群が平気な気性の良さが大きく勝利に貢献したと言える