週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【中京記念・2020年】リバウンドで太めに戻ったトロワゼトワル|逃げ馬レース結果

『中京記念』(3歳上G3)  阪神 芝1600m

  ◆勝ち馬◆ メイケイダイハード【差】  ◆勝ち時計 1:32.7(良

◆逃げ馬◆ トロワゼトワル(17着) ◆前3Fラップ 34.0《H》※レース平均3F 34.8

 

【逃げ馬展開】 トロワゼトワルが内のスタートから押していき外から来ていたリバティハイツと並んだ。同馬主でもある相手が譲ってハナが確定。1馬身のリードで展開し、直線を迎えるとすぐに失速。最後方に後退した

中京記念2020年のラップタイム表

中京記念2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《トロワゼトワル》

しっかり絞れて好走した前走からは+6㎏となり、生涯で2番目に重い馬体でのレース。荒れ気味の馬場という事も加わってか序盤の加速が鈍かった

また先頭争いを演じ、道中もかかってつついてきたリバティハイツは同馬主の馬。あちらは特に先行にこだわるタイプではないはずなのでおそらく騎手のコントロールミスなのだろう。ああも味方に逃げを邪魔されてはどうしようもなかった

今回はレースでの不利もあっての負けだが、次走の重要なチェックポイントはやはり”馬体がしっかり絞れているかどうか”だろう