週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

逃げ馬予想【JBCクラシック】シュテルングランツ【JBCスプリント】マテラスカイ【JBCレディスクラシック】カワキタエンカ【アルゼンチン共和国杯】ウインテンダネス|2018年

【枠順確定】

『JBCクラシック』(3歳上G1)  京都 ダ1900m

 

逃◎ シュテルングランツ  的場 3番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 B

▽短評▽

この夏に中央から浦和へ移籍。中央時代は1400m中心に走っていたが地方では一転、中長距離を逃げて3戦2勝3着1回。完全に得意パターンは掴んだ

枠も3番と逃げやすい。逆に言うと逃げないと包まれて終わる。ここは是が非でも前に行きたいところ

 

逃○ サンライズソア  ルメール 4番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 A

▽短評▽

前走シリウスSではハイペースの2番手につけて3着。ペースに限らず前に行った方がいいようだ。枠的に前に行って包まれないようにしたいところでもあるはず

ただ逃げないルメール騎手が騎乗なので、理想は逃げ馬の外を追走のカタチだと思われる

【前走記事】

 

逃▲ テイエムジンソク  古川 10番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 C

▽短評▽

前走日本テレビ盃ではスローペースの中をかかって逃げて4着

今までの古川騎手の性質「前走失敗した場合、逆のことを過剰に行う」を考慮すると、今回は「ぶっ飛ばして逃げる」or「思いっきり下げる」の選択肢。そしてこの場合、より消極的な方を選ぶのが古川騎手のはず

また、前走はレース中の指示がチグハグすぎて馬が混乱しているように見えた。おそらくその影響は引きずるはず。テイエムジンソクが騎手無視して暴走する場合もなくはなさそう

【前走記事】

 

逃△ オールブラッシュ  デムーロ 13番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

ゲートの反応が遅い馬なので、このメンバーではハナは難しそう

【前走記事】

 

逃× ケイティブレイブ  福永祐一 8番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

どんなペースでも番手で折り合えるタイプ。前に行きたい馬が揃った今回は無理してハナを狙わないだろう

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181101222620j:plain

 

還暦ジョッキー がむしゃらに、諦めない

還暦ジョッキー がむしゃらに、諦めない

 

 

『JBCスプリント』(3歳上G1)  京都 ダ1200m

逃◎ マテラスカイ  武豊 5番

 ●逃げ予想 A  ●好走予想 A

▽短評▽

前走スタートが遅れ気味だったのが気がかりだが、それを差し引いてもテンの速さはトップ。休み明けプラス18kgでビュンビュン逃げて最後失速しての4着なので、しっかり絞れて来るようなら最後まで走り切ってしまいそう

【前走記事】

 

逃○ ノブワイルド  左海 10番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 C

▽短評▽

地方所属馬ながら前走テレ玉杯OSでは逃げて中央の馬を蹴散らした。ただ1400mが主戦場なので距離短縮分でさらにテンの速さが要求される今回は厳しそう

【前走記事】

 

逃▲ セイウンコウセイ  池添 9番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

芝ランキング3位の馬がダート挑戦。3歳春にはダートの未勝利戦を走ったことがあり、先行してそれなりの成績。おそらく今回も先行は余裕で出来るはず

ダート適性を見る意味で無理な逃げはしないとは思うが、思い切りのいい池添騎手なのでスタートが良ければそのまま行く可能性もあるにはある

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181101222637j:plain

 

スプリント学ハンドブック: すべてのスポーツパフォーマンスの基盤

スプリント学ハンドブック: すべてのスポーツパフォーマンスの基盤

 

 

『JBCレディスクラシック』(3歳上牝G1)  京都 ダ1800m

逃◎ カワキタエンカ  木幡功

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 B

▽短評▽

芝で10戦連続して逃げている馬。ダート挑戦といえどもここで逃げないとなると今後の競争成績に響く。とにかく逃げは継続しようとするはず

父ディープインパクトは産駒が数々の重賞を制しているが中央ダートに限ればボレアスレパードS1勝のみ。これだけ傾向が顕著な中でこの馬だけ特別ダートがうまいという可能性は低い

 【前走記事】

 

逃○ アイアンテーラー  浜中 1番

 ●逃げ予想 B  ●好走予想 B

▽短評▽

前走1600万下を勝っていきなりのG1挑戦。目下5連続の逃げ継続中

1番枠に入って包まれるのを嫌って逃げるしかないのだが、重賞クラスは今までの1600万下よりはるかに速いペース。この馬が最初から玉砕覚悟で前に行けるかどうかがカギ。浜中騎手はそこまでの無理はしない気がする

 

逃▲ サルサディオーネ  丸山 9番

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 C

▽短評▽

ダートの逃げ実績はメンバー中トップクラス。しかし前走は池添騎手が乗って勝利し、今回は乗り代わりで丸山騎手池添騎手は逃げ筆頭格のカワキタエンカに乗るので関係性的に無理な競り合いはしなそう。枠もこちらが外なのでスタートで並んだらすぐに譲ると思われる

そしてこの馬は左回りに戦績と良績が偏っている特殊な馬。今回は着順も期待できない

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181101223021j:plain

 

 

『アルゼンチン共和国杯』(3歳上G2)  東京 芝2500m

逃◎ ウインテンダネス  松岡

 ●逃げ予想 C  ●好走予想 B

▽短評▽

前走遅めのラップで大逃げのカタチを作ることができた。しかし道中ラップが上下に乱れてスタミナをロスし最後は失速

逃げ経験は着実に積めている。今回も逃げられるようならもう少し上手にラップを刻んでいけるとは思う

このレースでは番手狙いの馬が揃ってしまった。つつかれる展開になると苦しいので、再度の大逃げに期待したい

【前走記事】

f:id:amano_shintaro:20181101223035j:plain