週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【高松宮記念・2019年】大一番でこそ絶対に譲らなかったモズスーパーフレア|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中★

 

『高松宮記念』(4歳上G1)  中京 芝1200m

◆勝ち馬◆ ミスターメロディ      勝ち時計 1:07.3(良)
◆逃げ馬◆ モズスーパーフレア(15着) 前3Fラップ 33.2《H》※レース平均3F 33.7

 

レース展開・位置取り図

高松宮記念2019年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

高松宮記念2019年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬短評

《モズスーパーフレア》

外枠でそこそこのスタートになり、内の馬たちに先行されるカタチになった。300m地点まで3頭並んで先頭争いを演じ、その後もモズスーパーフレアだけは猛スピードを出し続けてやっとハナに立った。その後は、残り250m地点で力尽き15着

前半タイムは33.2秒とこの馬としてはこれまで通り。そうやって勝ってきたのだから、この逃げ自体は間違いではなかったはず。ただ、外枠で並のスタートになったことで他の馬より格段に負荷の高いダッシュを余儀なくされたのは痛かった

良い方に考えれば、この大一番でも絶対譲らない姿勢を見せたことは立派といえる。得意の中山競馬場で行われるスプリンターズSでは、さらに期待が高まる

 

《ラブカンプー》

好スタートを切って前へ。騎手は抑えたがっていたが、馬はグングン前に行きかかって2番手の位置になった。後半では揉まれるカタチになり惨敗

前半の行きっぷりは復活していて、真冬の走りに比べたらある程度復調してきているように見えた。次走、逃げやすいメンバー構成になるようなら立ち直るかもしれない

 

《セイウンコウセイ》

ポンと出る最高のスタート。内枠を利して無理なく前に行き、外の馬たちの無謀な行きっぷりを見て3番手に控えた。直線を向くとやや外にヨレたがすぐに修正。スピードを保ったまま走り競り合いの末2着を確保した

今回のレース、200m~400mの10.1秒だけが飛びぬけて速いが、それ以外のラップはレースの平均値に近い。セイウンコウセイはその速い区間で控えており、理想に近いイーブンペースで走れたことが好走の要因の一つと考えられる

 

 

勝ち馬短評

《ミスターメロディ》

となりのセイウンコウセイが飛ばしてくれたおかげでスペースができ、余裕をもって追いついて逃げ集団の直後につけられた。最後の直線で前が詰まりかけたが、運よくセイウンコウセイが外にヨレたところをまっすぐ伸び続けて勝利した

ほとんどセイウンコウセイについていっただけのレースなのだが、そのペースメーカーが最高の仕事をしてくれたカタチ。とはいえそれについていけたのもミスターメロディの持つ能力。内で揉まれても動じずむしろ前に出る精神力が、今回の勝利を呼び込んだといえるだろう