週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【皐月賞・2019年】”特攻作戦”の対抗に力を使いすぎたランスオブプラーナ|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中★

 

『皐月賞』(3歳G1)  中山 芝2000m

◆勝ち馬◆ サートゥルナーリア     勝ち時計 1:58.1(良)
◆逃げ馬◆ ランスオブプラーナ(18着) 前3Fラップ 34.8《H》※レース平均3F 35.4

 

レース展開・位置取り図

皐月賞2019年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表

皐月賞2019年のラップタイム表

 

 

☆逃げ馬短評

《ランスオブプラーナ》

楽逃げできそうなメンバーだったが、他にも同じことを考えていた騎手がいた。ゆったりペースで先頭に立ちかけたランスオブプラーナに、外スタートから猛プッシュしてきたダディーズマインドがすごい勢いで競りかけてきた

それに対抗するカタチになり200~400mは10.5秒の猛ラップでなんとか退けた。しかしここでスタミナを大きく削ったことで、第4コーナーで早々とガス欠を起こすことになった

もし次走ダービーを走るなら、今回よりは落ち着いた常識的なペースで走れそうではある。ただダービーのロマンでなく利をとるなら、血統的に向いていそうな”ダート挑戦”という選択肢もありかもしれない

 

勝ち馬短評

《サートゥルナーリア》

勝利したとはいえ最後の直線での接触審議でヴェロックスとの力関係は不透明。ただこの馬が内に寄っていく直前のシーンではヴェロックスが外に寄って走っていたので、事故としてはお互い様で納得した

道中で”かかっていたこと”は今回の休み明け1走でかなり解消されるはずで、このまま順調に行けばダービーでは今回以上に力を発揮できそうだ