週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【アイビスSD・2019年】再戦で斤量差の分だけ縮まったカッパツハッチとライオンボス|逃げ馬レース結果

★逃げ馬的中★

 

『アイビスサマーダッシュ』(3歳上G3)  新潟 芝1000m

◆勝ち馬◆ ライオンボス    勝ち時計 0:55.1(良)
◆逃げ馬◆ カッパツハッチ(2着)ライオンボス(1着)  前3Fラップ 32.6《H》※レース平均3F 33.1

 

レース展開・位置取り図

アイビスサマーダッシュ2019年のレース展開位置取り図

 

ラップタイム表 

アイビスサマーダッシュ2019年のラップタイム表

 

逃げ馬短評

《カッパツハッチ》

低い重心でビュンと加速し3番枠からすぐに馬場の8分どころを確保した。近くにいるレジーナフォルテと、少し離れたところにいるライオンボスと並んで前を走り、最後は2着でゴール

カメラの角度の関係で大外のライオンボスとどちらが出ているのか分かりにくく”両者が逃げた”とした。ただ3F地点の全体映像だとほんの少しこちらが前に出ているように見えなくもない

ライオンボスとは前走韋駄天Sで同じコース同じ距離で走っていて、同じ着差での負け。ただ斤量差が1㎏縮まった分、道中での位置は互角に進められたようだ

1200mでの勝利がある馬で、今後はコーナーがあるレースでもしっかり逃げていくだろう

 

《ライオンボス》

ゲートでチャカつきややフワッとスタートしたが、そこからは力強く加速して大外のコースを確保した。そこからはやや速めに手を動かしていき、スピードを保ったまま1着でゴール

鮫島騎手が落馬負傷。その影響で”スロー逃げの田辺騎手”に乗り替わったことで(3㎏の斤量増の影響もあってか)普段より控えめな競馬になった。もっと飛ばしていけばさらに楽勝だったのか、あるいはこの走り方が最適解だったのかは、今後の走りを見て答え合わせが出来るだろう

現状1000mでしか勝っていないことになる。ただ1200mで負けたレースはハナに立てていなかったので、もしかしたら逃げられれば距離が持つ可能性はある。今後のレース選びも注目だ

 

《ラブカンプー》

序盤は前につけた。しかし500m地点で一気に手ごたえが悪くなり離れた最下位になった

暑くなれば状態が上向くかと思っていたが、途中で競馬をやめてしまうようなレースぶり。18kg減の馬体は昨年の好調時に戻る材料だっただけに、むしろ期待していたがダメだった

今後は単騎逃げのカタチで馬がやる気を出してくれることに賭けるしかないのだが、すでに精神的に燃え尽きてしまっている可能性がある

 

カッパツハッチがランクイン ラブカンプー5ランクダウン