【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

【天王山S・2020年】池添騎手らしい屈しない先行策メイショウワダイコ|逃げ馬レース結果

 

『天王山ステークス』(4歳上OP)  京都 ダ1200m

  ◆勝ち馬◆ サクセスエナジー【先】  ◆勝ち時計 1:10.2(良

◆逃げ馬◆ メイショウワダイコ(15着) ◆前3Fラップ 34.6《H》※レース平均3F 35.1

 

【逃げ馬展開】 メイショウワダイコ、スズカコーズライン、サクセスエナジーが並んで先頭争い。内にいたメイショウワダイコが追うのをやめずハナを主張し、コーナーワークでわずかに先頭を走った。メイショウワダイコは最終コーナーを回るとすぐに力尽き最下位での入線となった

天王山ステークス2020年のラップタイム表

天王山ステークス2020年のラップタイム表

 

逃げ馬短評

《メイショウワダイコ》

以前は先行していた馬だが長期休養後のここ2戦は後手を踏んで惨敗。最内に入ったここでは包まれるのを嫌い、玉砕覚悟でのスタートダッシュに賭けた。惨敗には終わったが前に行くことができたのは収穫。状態面でのどん底は抜けたといえるだろう

池添騎手はこういう覚悟を決めた逃げをすることが多いように感じる

 

《スズカコーズライン》

序盤では持ち前のスピードで先頭に出る勢い。しかしコーナー入口までに抜けることができず並走状態でのコーナリングになった。最後の直線で抜け出たものの外隣にいたサクセスエナジーにちぎられて4着での入線

内の馬に突っ張られて苦しい展開だった。しかしこの馬のハイペースの適応能力を考えると今回の前半はやや緩めのラップ。もっと飛ばしていく手もあったのだろうが、それをして必ずメイショウワダイコを交わしきれるかは微妙なところ

今回は枠の運がなかったということだろう