【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

競馬2020年5月16日17日の逃げ馬予想【ヴィクトリアM】トロワゼトワル【京王杯SC】セイウンコウセイ【栗東S】ダイメイフジ【都大路S】ランスオブプラーナ

 

【5月16日】

『京王杯スプリングカップ』

逃◎ セイウンコウセイ 内田 9番

 ●逃げ予想自信度 B

トップクラスのスプリント戦で2番手続き。今回のメンバーなら今までと同じように出ればすんなり先頭に立てそう

 

 

『都大路ステークス』

逃◎ ランスオブプラーナ 太宰 4番

 ●逃げ予想自信度 A

逃げるしかないタイプ。逃げ経験、前半3Fタイムともに飛びぬけており4番枠と条件もそろった

かつては1800mの毎日杯を勝っており距離は合っていそう。重賞での負けが目立つのだがOPクラスであれば勝負になる可能性はある。人気次第で狙い時だろう

 

 

【5月17日】 

『ヴィクトリアマイル』

逃◎ トロワゼトワル 三浦 13番

 ●逃げ予想自信度 B

前走は休み明け+20kgで逃げて惨敗。明らかに太すぎる数字で叩き台だったのは明白。今回絞れて来るようなら一変が期待できる

今回は三浦騎手のテン乗り。最初はとにかく押してみるタイプの騎手なので、馬がその気になれば一気にハナに立ってくれそう

 

逃○ コントラチェック 武豊 17番

 ●逃げ予想自信度 B

逃げた場合4戦全勝、そうでない場合は全敗の馬。未知数の魅力がある

前走では控えるタイプのルメール騎手が案の定控えてしまい後手後手の競馬で惨敗。手が合っていない感があったコンビだったが、今回は逃げ騎手の武豊騎手に乗り替わりで人馬のイメージがピッタリ一致した。このコンビであればしっかり力を発揮できそう

とはいえ一度控える競馬をしてしまった影響で出足は鈍ると考えられ、さらに枠も17番と逃げにくい。内の馬にビュンと出られたら手の打ちようがなく、勝利の最初のカギが他力本願になってしまう状況

 

 

『栗東ステークス』

逃◎ ダイメイフジ 秋山 

 ●逃げ予想自信度 B

ダート転向2戦目で1400mを逃げて快勝。前走は1600mを試してみたものの距離の壁を感じる敗け方。しかしこれでダートスプリントに専念する決心がついただろう

他に同型はいないのでここは自信を持って思いっきり飛ばしていける

 

 

★現在の逃げ馬ランキング表★