【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

週刊・逃げ馬ランキングブログ

<逃げ馬結果>【カペラS】新旧対決は枠の差で軍配ヒロシゲゴールド|競馬2020年

『カペラステークス』(3歳上G3)  中山 ダ1200m

◇勝ち馬◇ ジャスティン【先】  ◇勝ち時計 1:09.8(良

◆逃げ馬◆ ヒロシゲゴールド(12着) ◆前3Fラップ 33.2 ※レース平均 34.90

 

【逃げ馬展開】 ダンシングプリンスが好ダッシュを決めたところをヒロシゲゴールドが2番枠を利してハナに立った。最後の直線に向いてすぐにかわされると失速し馬群に沈んだ

カペラステークス2020年のラップタイム表

カペラステークス2020年のラップタイム表

逃げ馬短評

《ヒロシゲゴールド》

芝スタートとはいえ1ハロン目11.4秒はダート逃げ馬最速のスタートラップ。そこからさらに2F目10.5秒という超ハイラップで逃げた速さは素晴らしかった

このダッシュ力は今後も常に発揮し続けてくれるはず。どのレースでも注目が必要な一頭だ

 

《ダンシングプリンス》

1F目はヒロシゲゴールドと並んでトップレベルのダッシュ力を披露。その後超ハイラップを2番手に付けて、最後は勝ち馬から僅差の3着に入った

今回は内のヒロシゲゴールドにハナを譲ったが、瞬間的なダッシュ力はこちらの方が上だったかもしれない

今回は2か月間隔をあけ馬体重+16キロの過去最重量でこの結果。次走ではもうひとレベル上のパフォーマンスする余地が残っており大注目

 

《スズカコーズライン》

1番枠から前に行ったところ、外の馬の多くがスタートダッシュを決めたため内で前に壁がある状態でのレースになった。最後までバテずにその位置をキープし5着

厳しい展開の割には健闘といっていい結果。これができるならどの枠に入っても番手の競馬をしていきそう

 

《ジョーカナチャン》

いいスタートを切ったものの芝コースですでに置いて行かれ、そのまま最下位でゴール

久々のダート戦で無理させない方針だったとはいえ、それにしてもまったく闘争心を感じないレースぶりだった