【逃げ馬予想】週刊・逃げ馬ランキングブログ

現役の逃げ馬をランキングしていく逃げ馬好きのためのブログ▼逃げ馬限定で今週の競馬予想を発信。レース後、今日の競馬のレース結果ごとに展開を分析、逃げ馬をランク付けし初心者でも分かりやすい一覧表を掲載

【阪神大賞典】”強者の逃げ”でレース作ったキングオブドラゴン|逃げ馬結果2022

『阪神大賞典』(4歳上G2)  阪神 芝3000m

◆逃げ馬◆ キングオブドラゴン(6着) ◆前3F 37.6 ※平均 37.00

 ◇勝ち馬◇ ディープボンド【差】  ◇勝ち時計 3:05.0(良

阪神大賞典2022年のラップタイム表

逃げ馬展開

キングオブドラゴンが押しまくってハナに立った。1馬身半差で逃げ、やや後ろに近づかれた1600m地点で少し気合をつけて始めてリードをキープ。最終コーナー出口でとうとう後ろに並ばれ直線でかわされたが、そこからも大きくはタレずに6着でゴールした

逃げ馬短評

《キングオブドラゴン》

▼周りが遅かったため押したら難なく抜け出しハナを確定させた(ただ今回激しめに押しても1F目13.0秒という遅さで”長距離でこその逃げ馬”と考えて良さそう)

ただそれ以降は12秒台を保つ強者の逃げを披露。2番手に近づけれるのを嫌ったためとも考えられるが結果的には初の古馬重賞参戦で堂々とした競馬をし善戦した

▼前走3勝クラスとはいえ前2頭で競る激戦での勝利だっただけに中一週の間隔で疲れが懸念された。しかしその割にはよく頑張ったといえる

1馬身半と差は少ないながらも”離した逃げ”を徹底したことから陣営はこの馬が逃げ粘るタイプだと断定しているのだろう。この舞台でも自分でペースを作る走りを行えるということは、すでに重賞で勝つ力は持っているといえる

また、その信念のある逃げをしっかり遂行した坂井瑠星騎手も素晴らしかった。ぜひ今後もこのコンビでいってもらいたい!